【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 交響組曲エオルゼア(最終話)
2017年09月26日 (火) | 編集 |
20170925_021.png

エオルゼアコンサートレポ最終話です!

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ!

交響組曲エオルゼア(第一話)
交響組曲エオルゼア(第二話)

---------------------------

※最終話は私の記憶にもとづき書かれているので、順番だったり、言葉のやりとりだったり、あやふやな部分があります。
もちろん、その時のニュアンスで伝えている部分も大いにあるので、気になる方は是非こちらのオーケストラブルーレイ(予約開始してますよ~)をご覧下さい!


Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】

新品価格
¥4,944から
(2017/9/26 11:53時点)







東京国際フォーラムAで開催された初のオーケストラコンサート

「交響組曲エオルゼア」
東京フィルハーモニー交響楽団
指揮者:栗田博文氏

会場は5,000人収容可能な日本一巨大な大ホールだ。

20170925_022.png




ホール前には沢山の花が届けられており、あのGLAYからのお花もド真ん中に飾られていた。

20170925_023.png





なんとか間に合ったようだ。

ついさっきまでアートボックスを作っていたやっくん御一行は、無事席につき開演のブザーを聞くことができた。



無茶もほどほどにしよう。(ちょっと焦ったw)






そして開幕



団員が入場すると客席からは猛烈な拍手の嵐が沸き起こる。



すげえええ・・・・これ全部ヒカセンなんだ・・・・。


ffxiv_20170926_144850.png





会場にいる名も知らぬ仲間達が、脳内でFF14のキャラに変換される。


20170925_039.png




そんな映像が頭で補完され、それだけで胸が熱くなった。



一瞬で拍手のボリュームが上がっていく!



団員の入場が見えてから席につくまで、それなりの時間だが
誰一人としてその拍手をやめる人がいない。




「俺たち、待っていたよ!!」


「1分1秒、全ての時間を共にする覚悟で来たよ!!!」


「最終回の演奏!楽しみにしてるぜ!!!」



そんな熱いヒカセンの思いが、縦に、横に、上下に繋がっていく。






そして、演奏はおなじみウルダハの曲からはじまる。



様々なイベントで開幕に使われるあの曲。

3国のウルダハで、初めの一歩を踏み入れた時に必ず聴く曲!!



20170925_040.png




うわあああ・・・






もう既に視界がぼやけ始める。

幾多の楽器が一斉に光の音色を放つ中、バックの大きなスクリーンにウルダハの都が映し出される。



20170925_041.png


もうそれだけでも涙ががが。






最初からこれで一体どうなるの!!?




思いっきりやっつけられた後、我らがよしP登場。




わあああああ!

ひときわ大きな拍手と歓声が沸き起こる。

(どこに力がたまってるの!さっきのでMAXじゃなかったんかよ!!!)



これだからヒカセンはwww
すぐに超える力を身に着けやがってwwwwwww









吉「この中にオーケストラ初見って人はどれくらいいますか?」

すると驚く事に半数近くの人が手をあげた。



結構初見率は高そうだ。



吉「あ、わかりました。でも大丈夫ですよ。ちなみにオーケストラは何度も見に行ったことがあるという方はどれくらいいますか?」



すると、同じく半数くらいの観客が手をあげた。



吉「はい。では、あなたたちはタンクです。初心者を引っ張って行ってあげてください!そして初心者の方も恐れる事はありません。周りのタンクを真似して、拍手のタイミングを合わせれば大丈夫です!」




わははははw




さすが吉Pつかみは完璧だw




吉「そして、ヒーラーの方にはお願いがあります。隣で泣いている人をみかけたら・・・一緒に泣いてあげて下さい。」





吉「そしてDPS!あなた方は拍手です。思いっきり拍手してこの会場を盛り上げて下さい!」






うまいよなあ。
はじめてオーケストラを聴く人が半数もいる中で、一気に会場の緊張を解いていく。




その後、このオーケストラのゲストを紹介していった。




指揮者の栗田博文氏

吉「お酒が好きだそうです。」

そう紹介すると、栗田氏はお辞儀をした後、ちょっと首をかしげていた。(おかしいw)

そして、おなじみ祖堅氏を紹介。FF14のサウンドの神である。

祖「主に、散らかし屋を担当している祖堅正慶と申します。」




ブレないw ま、そこはねっ!!


そして、FFサウンドの父と呼ばれる植松伸夫氏、様々なイベントで美しいピアノを奏でているKeikoさん、エオルゼアの歌姫スーザン・キャロウェイさんという豪華キャストが次々と紹介された。




その後第一部として、次々と新生編の楽曲が奏でられていく。



の・・・だ・・・が・・・・



戦闘曲めっちゃ多い!!!!!



20170925_042.png



もうね、なんだろう。



オタマジャクシが一斉にうわああああって孵ったのって見たことありますか?


まさにあんな感じ!!!


オケ用に楽譜を書き下ろしてもらったってあーた・・・



団員過酷すぎんだろうwwwwwwwww




こんな楽譜が一体どこにありますかっ!っていうくらい


コントラバスが5台?いや・・・6台か?!


を弾く弓っていうの?


あれが、すっごい勢いでく動くんですよ!!




それはまるで電動のこぎり!!!!!!





私はクラシックオーケストラを聴きにきたんだと思っていた。



だが違っていた。




職人達が、マシーンにでもなったような速さと正確さで何か違う仕事をしている!!!?




そんな中「白銀の凶鳥」では恐ろしい事が起きた。




あ゛ーーあ゛ーーあ゛ーーあ゛ーーー




なんだこれ!!!




人・・・・が声を発しているのか・・・!!?





バックスクリーンには一人の男性が映し出されていた。





なんだってーーー!?

声だけでぶっ殺しそうなこの野太い声って

このさわやかイケメンのお兄様が出しているの!!!?




もうね、これはブルーレイで確認してくれ!!!!



過重圧殺されそうな恐ろしい声なのに!!!


ミイ・ケット合唱団恐るべし隠し玉を持ってた!!!!




というか、これだけじゃない。

女性でソロを歌われていた方も


「え?え?その先出るの?出ちゃうの?」


っていうくらいの神の領域とも思える高音をぶつけてきて・・・・




ミイ・ケットなんて可愛いもんじゃなかった。


私が聴きに来たものは



実は、バケモンの集団だったんだ!!!!!





全部書いてるといつまでも書ききれなく終わらないので、本当にあとはみんなの目で耳で聴いて感じて欲しい。





私も、スクリーンに戦闘のシーンなんかが映し出された時には

「あーそこ!範囲くる!!!避けて避けて!いや、だめだ!演奏を見なければ!だけど気になって仕方がな・・・あああ踏む踏む!!!!っ!!」




とかいって、舞台のどこを見て良いのやら、大混乱していた部分も沢山あった。

UIで言ったら見たいウィンドウがあちこちにあって目が追い付かない感じwwww





途中ギミックなんかも発動してね。



20170925_043.png



涙も笑いもてんこもり!!!!!!




とにかく最初から最後まで熱い戦いが繰り広げられた。










そしてラスト・・・・・



最後の曲が終わった瞬間、奇跡が起きたんだ・・・。

















全員総立ちのスタンディングオベーション・・・・










ありえないよ・・・。







初見が半分ってなんなん?








開場全体が・・・・そこにいる全ての人間が



最後に残ったTPを全て放出するかのうように




熱気を帯びた凄まじい拍手を舞台に放つ!!!!!








ここ、日本なんかじゃない!!!!



20170925_044.png


そのまま丸ごとエオルゼアだよ!!!!







そして、アンコールの曲が終わったあとも、またもやスタンディングで熱気冷めやらず・・・。







最後によしPと祖堅氏が舞台に登場。




これでもか!と言わんばかりに


届け!!!

届け!!!!!



と、会場のあちこちで歓声が沸き起こる!!!!!!



20170925_045.png



すると突然、よしPの挨拶の合間を割るように、祖堅氏が話を始める。





祖「あのー、最後なんでどうでもいいこと話すんですけど~」



吉「どうでもいいって・・・・w」



祖「うちの父がオーケストラをやってて・・・
あ、もう他界しちゃってるんですけどね、叱咤とかめっちゃされてて。」




吉「・・・。」



祖「父だったら、どうオーケストラをやったのかなって・・・。」


そこで言葉に詰まって下を向いてしまう祖堅氏






すると吉Pがちょっと涙目で


「吹いてんだよ一緒にぃー!この中できっと!!!」


って団員の方に手をやって、あの辺~みたいなそぶりを見せたんだ。








それを聞いてやっくん・・・我慢できなくて・・・





20170925_046.png

一番最初にひときわでかい拍手を送ったんだ。




そしたら、周りの人が一緒になって拍手をかぶせてきて・・・・


「祖堅ありがとーーーーー!!」


「ありがとーーーーー!!」


ってあちこちから声があがったんだ。






そして、よしPの挨拶が終わると


客席から6分弱にも及ぶ、終わらない拍手がステージにむけて届けられた・・・・。



※撮影は、吉田Pの許可がおりてから撮影しております。
※やっくんが、拍手を我慢して我慢して、我慢して撮った宝物です。ダウンロードや転載などはお控え頂けると嬉しいです。



団員達が最後、お互いに固い握手をあちこちでしているのを見た時も、びっくりして嬉しくなったな。

そして、退場していくのがもうとても名残惜しくてね・・・。
もう専属でいいよね!FF14オーケストラの!!!!


東京フィルハーモニー交響楽団の皆さん

ミィ・ケット合唱団の皆さん

スーザン・キャロウェイにKeikoさん、植松伸夫さん

この企画にかかわって下さった多くの、影の光の戦士の皆さん

そして一緒に盛り上げて下さったヒカセン達

遠方で見に行けなくとも行ってらっしゃい楽しんできてねと声をかけてくれたフレ達

すべての方々に、心からありがとう。





【おまけ】

20170925_047.png
客席から



20170925_036.png
東京フィルハーモニー交響楽団&ミィ・ケット合唱団ホットバー



20170925_037.png
そしてホットバーのバックアップをとるのを忘れてて、現在スキルが大惨事・・・・。




交響組曲エオルゼア(最終話) おわり




スポンサーサイト