【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 交響曲エオルゼア(第二話)
2017年09月25日 (月) | 編集 |
20170925_014.png


交響曲エオルゼアとリアルクラフターのお話。

第一話を読んでない方はこちらからどうぞ!


交響曲エオルゼア(第一話)


--------------------------


さて、当日。

私たちの見に行く回は、24日の最終日ラスト回だ。


さて、私達が今回参加するイベントについて軽く触れておこう。




「交響曲エオルゼア」


FF14の吉田プロデューサー(通称よしP)と、ゲームサウンドを総括している祖堅正慶氏(ニーソ大好き)が、2年以上も前から水面下でゴソゴソと企画してきた極秘一大プロジェクト



「FF14単独で行う、フルオーケストラ公演」である。



当初は「8人くらいのお客でも、1回くらいならなんとかなるんじゃねーの?」とか言いながら、可能性にかけて地道に育ててきたファンフェスに匹敵する一大イベントである。




まあ実際それはFF14ユーザーへのリップサービスで、彼らが本気の本気で取り組んできたというのは、今までの熱き運営の熱意を垣間見てきた私達からすればいう間でもないだろう。



そんな一大イベントに、ありとあらゆる光の戦士が集結しないわけがない。



2年前・・・・と言ったら私たちは一体何をしていただろう・・・。









2015年の写真フォルダを開いてみる。









20170925_015.png




山でヒカセンごっこをしている画像がでてきた・・・・。




木の棒に糸をくくって弓を作り

枝を拾って杖にする。

ウォーキングダンベルを格闘武器に見立てて振り回している。







20170925_034.png



なにしてんだよ・・・・






その一年後のフォルダ・・・




20170925_035.png




もっと何やってんだよ!!!!!





なんか、見てはいけない物を見てしまった気がしてフォルダをそっと閉じる。






違う違う!
今日はそんな運営が、頑張ってずっと内緒にしてきた一大イベントに参加するという
そういうヤツで、自分の黒歴史を発表する場ではないという事だ!!!



ちょっとここで一つゴメンナサイをしなければならないわけだが
今回各方面に散らばっているフレからも
「折角だし合流してオフ会を兼ねて皆で食事や観光とかしようよ!」
とのお誘いもあったのだが、急遽ヒカセンJr.(明日は学校がある)の参加が決まったことにより、自由度があった方が良いとの判断。

ペアチケットをとったリリ助と私、Jrと3人で当日は行動する事にした。

会えなかった皆とは、またの機会に改めて時間を作るので申し訳ない。




さて、オーケストラに参戦するにあたって、私たちは合流後予習をしなければならなかった。




本日演奏される曲が入っているCDを聴く事である。(予習だいじ!)

FINAL FANTASY XIV Orchestral Arrangement Album

新品価格
¥2,700から
(2017/9/26 11:10時点)







でも、ただ聞いているだけでは物足りない。
もっともっと、何かFF14に関する何かをしていたい!!



という事で急遽、リリ助にガラス彫刻をレクチャーする流れとなった。(は?)




これがオーケストラを目前に控えたリアルクラフターの思考回路である。
(ナンカおかしい・・・)





開場4時間前だというのに、いそいそとガラス彫刻をはじめる3人。



なんのレイドコンテンツだよ!!!!

タイムアタック的なノリだが、これが仕上がらないとオーケストラには間に合わない!!!




CDに入っている「試練を超える力」を聴きながら作業に入った。



20170925_016.png
一生懸命にガラス彫刻をするリリ助。
(すぐつかれたとか言ってやっくんにやらせようとする。)



開場まであと2時間!




できたーーーーっ!!!




20170925_018.png

ガラス彫刻したアートボックスが完成した。


20170925_017.png
エオカフェコンテストで頂いた調理師認定証を飾る為の額。
モーグリが調理AFに身を包んでフライパンをもっている可愛い作品が仕上がった。




「やったー!」
「よかったねー!」
「ボクもやりたーい!!!」




いやいや、喜んでいていいのかお前らwwww

開場まであと1時間wwwwww




交響曲エオルゼア(最終話)へ続く







スポンサーサイト