【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 「乱蛮神討伐3ワード伝言ゲーム」【5】〔回答編〕
2016年10月05日 (水) | 編集 |
〔前の記事〕

「乱蛮神討伐3ワード伝言ゲーム」【1】 プロローグ
「乱蛮神討伐3ワード伝言ゲーム」【2】 ルール説明
「乱蛮神討伐3ワード伝言ゲーム」【3】 実際にプレイしてみたよ
「乱蛮神討伐3ワード伝言ゲーム」【4】 第二回戦!(前半)

-----------------------


ありす「ぴのちゃんや!!リミットブレイク!!!」



や蛮神「・・・残念!!答えはミンフィリアでしたあああ!!」



「わああああああああ!!!」


/em ぴのは土下座した。

/em リリーはうなづいた。

/em ジェダイは泣いた。




そしてよもぎが顔を覆った。



20161004_001.png


ではいよいよ【回答編】!!


一体何がおきたのか、皆分からなかった。




まず、蛮神やっくんはプレイヤー①の「ななここ」とPTを組む所から始まる。

20161004_010.png


ななここ「がんばるよ~!」




そして「ななここ」に出したお題がこちらである。



【プレイヤー①ななここへの出題】
000_蛮神



20161004_011.png

「ミンフィリア」





ご存知の通り、現在FF14界では様々なシーンで「キーマン」、いや女性なので「キーウーマン?」

「キーウーマン」だとなんか「キッコーマン」みたいでイヤだなあ。

そういや「キッコーマン」てどう書くんだ?「亀甲マン」とか確かそんな感じだったような・・・

う~ん、確かにミンフィリアって、以前も砂の家で縛られていたしなぁ・・・。







20161004_005.png

じゃなくて!!!




「キーパーソン」として活躍中の彼女は、様々な「キーワード」がついてくるだろう。


蛮神やっくん「お題」を出すのも一苦労である。






20161004_006.png

蛮神や「危ない、危ない・・・危険思想に囚われて「SM」の道に走ってしまう所だったよ・・・。」



20161004_012.png


ななここ「え?」






そして、それを受け取った「ななここ」はプレイヤー②の「ネオン」にこんなキーワードを流した。




【プレイヤー①ななここの回答】
002_P1.png


「もしもし」

「ぴんく」

「おっぱい」



である。


これで、やっくん大爆笑!!!


「もしもしぴんくおっぱい」

「もしもしおっぱいぴんく」

「ぴんくもしもしおっぱい」



どこからどう、どの順番で伝えても、ミンフィリア以外の何者でもない。


こんな秀逸な回答が、たったの2回目で産まれるのであろうか。




「ななここ」恐ろしい子!!!!



20161004_013.png

ななここ「超ナイスプレーやっちゅうねん!」




LS会話では、得意満面のななここがいたのも頷ける。




ありす「うん、わかる。」

ジェダイ「おっぱいw」

レイ「GJ!」

ぴの「しゅごい」



拍手喝采!沸きあがる歓声!!





そして、蛮神やっくんはヒーコラしながらも息を整え、この答えをネオンに託したわけである。

20161004_007.png

ネオン「う~ん・・・」




そしてこれがプレイヤー②「ネオン」の答えである。




【プレイヤー②ネオンの回答】
003_P2.png



「下着」

「呼び出し」

「ヒロイン」




これまたすごい「キーワード」が並んだ。



暁の血盟の盟主。
何処の国にも属さない、国家の壁を越えた活動団体リーダー。
ミンフィリアさん・・・・あなたという人は・・・・





垣根越えすぎでは???




「下着」で「呼び出す」「ヒロイン」って、どんなゲームやっちゅうねん!!




ジェダイ「これ、最初悩んだ!」

レイ「GJ!」

リリー「w」

ありす「うん、わかる。」




わかるわかるw
と、みんなの声がゲームルーム内に轟く。



若干、考えるも新シナリオに突入している人なら、この「キーワード」で十分通じるであろう。


リレーはスムーズに続いている。


お題を投下した私からしてみれば、この意外な切り口でパスを出したネオンちゃんは素直に凄いと思った。






そしてこの「キーワード」はやっくん邸の庭の住人「ジェダイの騎士」に届けられる。


ていうか、私の家の庭は、「ジェダイの騎士」に勝手に守られていたのか・・・。




【プレイヤー③ジェダイの回答】
004_P3.png



「砂の家」

「石の家」

「女」




ジェダイ君は、対戦時間「残り10秒」で答えを打ち込んだ。



最後の「女」の投げやり感がおかしい。




ななここ「わかりやすい!」

よもぎ「天才やない・・・?」

レイ「おぉ!」

ありす「うん!天才」

ジェダイ「わーい」

ぴの「すご~い」

ネオン「他の暁メンバーも引っかかりそうな・・・w」

ジェダイ「ばれたw」




20161004_014.png

もしかしたら、「女」というキーワードで「タタル」「ヤシュトラ」などが出てきてしまうかもしれない。


だがしかし


「女」


というキーワードに対し、タタルさんでは見た目が幼すぎるし、ヤシュトラだと獣臭がする。


ここはやはり「女」=「ミンフィリア」であろう。



また、このキーワードの褒めるべき点は、なんと言っても次の人の「キーワード」の作りやすさだと思う。



ちなみに、このゲームは「自分の前の人が使ったキーワード」は使用してはいけないというルールがある。


なので、あまりにも思い浮かびやすいキーワードを全て使ってしまった場合、次の人の語彙力によっては、このゲームの連携が成り立たなくなってしまうからだ。





さすがジェダイの騎士は格が違った。





さあ、このギリギリラインの神パス

果たして「坦々麺のリリー」はどう受け取ったのか!?


20161004_015.png


リリー「まかせて!」



【プレイヤー④リリーの回答】
005_P4.png



「金髪」

「ボイン」

「もしもし」




20161004_017.png


蛮神や「くそう!繋がったぁぁぁぁあ!!!」



ありす「もしもし来た!まだミンフィリアが生きている!」

リリー「w」

ななここ「おお戻った!すごい!」

ネオン「お、ぉうw」

レイ「かんぺきやっ!」

よもぎ「アメリカ金髪美女の代名詞だな」





サッカー選手で例えるならば、「タッチライン」ギリギリに出されたボールを華麗に受け取めて、そのままゴールへと切り込んでいく「鉄壁のディフェンス力」「揺るがないオフェンス力」を兼ねそろえた「最高のミッドフィルダー」


これ以上にない完璧な建て直しで後半のプレイヤーに突きつけていく!!!


そして、そのパスを受け取るのは、後半戦から参戦したレイちん!!


「初見プレイヤー」で不安もあるが、この「3キーワード」だったら絶対に受け取り、繋げる事ができるはず!!!





「これは行ける!!!!」







誰もがそう確信した・・・





その時であった!!!



20161004_018.png


レイ「フッ!僕はいつでも完璧さ!!」





【プレイヤー⑤レイの回答】
006_P5.png


「おしり」

「くびれ」

「セクシー」



レイ「えっへん! ( ̄¬ ̄)」



20160806_004.png

ちゅどーーーーん!!




20161004_019.png

ななここ「あっ、遠のいた・・・!」






この子は一体、ミンフィリアのどこを見ていたのだろう・・・。



散々「砂の家」やら「石の家」に呼び出され、沢山沢山思うところはあったはずなのに。



どんな大変な仕事でも、どんな小さな依頼でも、イヤな顔ひとつせず、光の戦士として彼女と向き合い、「またたび団」は暁と歩んできたのではないか???


砂の家が襲撃され、ミンフィリアが連れ去られたあの日・・・・


あの惨劇の一幕に、私達は部屋の中で愕然とした。


少なくとも私は、こんな重いシーンを突きつけられ呆然とするしかなかった。



そんな中、この子は



「あ・・・セクシーな おしりとくびれが なくなっちゃった・・・・。」
( ̄― ̄)




と思い立ち尽くしていた・・・という事なのだろうか。


20161004_008.png

20161004_002.png



リリー「えええw」

ジェダイ「www」

ななここ「欲にまみれたワードや!www」

リリー「がんばったのに」

ありす「www」


/em リリーはレイにすごくがっかりしてみせた。

/em リリーはレイにすごくがっかりしてみせた。






これには女性陣、開いた口が塞がらない!!!






20161004_020.png

よもぎ「大丈夫、俺は理解するぞ」


レイ「漢のロマンです!」




ネオン「・・・え?」




そして、レイちんを連打で平手打ちしたネオンちゃん。
「漢」とかいう言葉でひとくくりにされては、たまったもんじゃない。






20161004_022.png


そう。


「レイちん」というこの男はそうなのだ。


いつも、どこかズレているのである。



そして不幸な事に、この後始末をするのが





20161004_023.png

人生常時迷子中の「ぴの」である。






このゲームは本当に恐ろしい。


「キーワード1つの重さ」がヒシヒシと伝わってくる。



皆がつないできたパス。

1回戦、途中でパスが続かずに断念したあの悔しさ。



「次は絶対に勝とう!!!」



そう皆で誓い合った・・・。

蛮神に挑む時って、、、いつもそうだったよね。

一人が欠けてもだめなんだ。

伝えたい・・・・伝わらない・・・・。

気付いてほしい・・・。私の気持ち・・・。

理解したい・・・。理解できない・・・。

負けられない・・・。




/p 《対戦時間残り【5秒】!!!・・・》

/p 《残り【4秒】!!!・・・》

/p 《残り【3秒】!!!・・・》

/p 《残り【2秒】!!!・・・》

/p 《残り【1秒】!!!・・・》



ラスト1秒で「ぴの」が叫ぶ!!!





【プレイヤー⑥ぴのの回答】
007_P6.png


「わたし」

「わたし」

「わたし」



20161004_024.png












目も当てられない「大惨事」がそこにあった。








20161004_039.png

「嗚呼あああぁあAAaぁあ!!」



リリー「www」

ありす「wwwwwww」

ななここ「!?!?!?」

ジェダイ「www」

リリー「わらいがw」

レイ「 ( ̄¬ ̄)最高の回答!!!!!!」

ありす「爆笑www」

ネオン「うぇ~い・・・」

ありす「ごめん、よもぎん。。。謝罪します」

リリー「あってるけどね!ぴのちゃんw」







20161004_003.png


よもぎ「俺はアリスさんのためを思い、せめて日本語をしゃべらせようと必死だったんだ・・・。」


/em よもぎは顔を覆った。









20161004_026.png

「おしり」






多分、ぴのが悩んだのはこの「キーワード」であろう。




自己紹介にて説明があった通り「ぴの」は




20161004_009.png

エオカフェコンテストの「ファットキャットのおしりケーキ」考案者なのだから。




「ぴの」を責めることは誰にもできまい・・・。




だがしかし、それにしても「くびれ」「セクシー」のキーワードさえも


「わたし」


のものにしてしまったのだから、この小さいララフェルの度胸は計り知れない・・・。





そして、それは終焉へと向かう。





20161004_027.png

よもぎ「オレ・・・コタエ・・・ワカル・・・。」



【プレイヤー⑦よもぎの回答】
008_P7.png


「まいご」

「よくたべる」

「シンゴジラ」





言葉って本当に大切だ。

伝えたいこと、重要なこと。

ちょっと足らないだけで、このような二次災害、三次災害が起きてしまう。

それは、私生活においてもそうだろう。



よく考えてみよう。



今回、エオカフェ仲間だけではなく、FCフレやご近所さんをも交えたこのトークゲーム。



いくら、いやらしい乱蛮神といえど、「局所的」にしか分からないような「お題」を出題するであろうか。








20161004_028.png

「やっくんならやりかねない。」




ああ、、、、そうかも。




私ならありえるのかもしれない・・・。



裏の裏の表の裏を読んだような問題。




20161004_029.png

って、ねえですよ!!!( ̄曲 ̄)






レイ「どう変化させたのだろう・・・」

ネオン「なぜそこでシンゴジラ!?w」

レイ「なんだか変換されているw」





20161004_030.png



そう。

察しのいい方はお気付きだろう。


これは、身内ネタであり、知る人しか知りえない情報。




20161004_031.png

ぴのが「シンゴジラ」の映画を観て、えらく感動したという情報から排出されてしまったキーワードなのだ。




20161004_032.png


よもぎ「お、俺はミンフィリアだと、お、思ってたんだ・・ぜ・・??」




苦しいよもぎ・・・。




20161004_033.png

ありす「どこにミンフィリア成分が!」



容赦ないありす。







そしてラストプレイヤーアリスの回答となる。



20161004_034.png

【プレイヤー⑧アリスの回答】
009_P8.png



ありす「答えはぴのちゃんや!!リミットブレイク!!!」








20161004_036.png


蛮神や「くっくっく・・・。お前らの連携はまだまだ甘いなっ!」




蛮神や「答えは、ミンフィリアじゃあああああああ!!!」



20161004_035.png

どーーーーん!






気持ちいいくらいのハズレっぷりで締めくくった。







フラグがどうのって言ってたけど、、、本当にその通りになってしまっようだな。








蛮神や「はてさて、連携ミスを犯したのは一体誰だったのかな?」



ぴの「ごめんなさあああああい!」

レイ「僕は完璧だ ( ̄¬ ̄)」




こいつは・・・・。



もう、これは審判を下さねばなるまい。
前言撤回だwww




蛮神や「おしり」「くびれ」「セクシー」が原因だと思う人拍手!



/em ありすは拍手した。

/em ジェダイは拍手した。

/em ネオンは拍手した。

/em レイは否定した。

/em ぴのは首をふった。

/em ななここは拍手した。

/em リリーはレイをつついた。







20161004_037.png

/em そしてよもぎは顔を覆った。





蛮神や「満場一致で、れいちんがWSを外したという結果になったようだが?」



レイ「Σ ( ̄□ ̄|||)」





20161004_038.png


さあ、そこでこのブログを読んでいるヒカセン達よ。




ちょっとでも面白いと思ったら、この乱蛮神やっくんを倒しにやってくるがよい。



「イィ PTを引き連れてな!!!!」






「またやりたーい!」

「次こそはやっくんを倒すぞーーー!!」

「今日こられなかった人も一緒に遊べたらいいね!」

「おもしろかったー!!」

「あ~、笑った、笑った~~~~。」




そして記念撮影をして、トークゲームは無事終了!!!


20161004_004.png


撮影加工:アリス



【おまけ】

「それでは歌って頂きましょう!
1stソング 『わたし!わたし!わたし!』
どうぞお聞き下さいっ!!」



「このバンド、すぐに音楽性の違いで解散しそうだなw」



おしりおわり。


*********************************

【おまけのおまけ】

「乱蛮神討伐3ワード伝言ゲーム」がオフ会で簡単にできるよっ!

まずはこれを人数分印刷しよう!

乱蛮神3ワード伝言ゲーム_メモ帳

【ゲームのやりかた!】

①蛮神(GM)は、「蛮神」に○をつけて「自分の名前」と「蛮神が奪った物」を書いて「プレイヤー1」に渡すんだ!

②そして、「プレイヤー1」は、「P」の所に「1」と書いて対戦の順番とし、「自分の名前」と、「蛮神が奪った物」から連想する「3つのキーワード」を記入して、「プレイヤー2」に渡してね!

③その後、「預かった用紙」は、自分の用紙が書き終わったら、元のプレイヤーに返しておこう!

④これを、次々にプレイヤーの数だけまわして行くんだぞ!

※注意する点は、キーワードを他の人に見られないようにすること!
※前の人のキーワードは使ってはいけないこと!

⑤最後の「ラストプレイヤー」はキーワードは書かずに、「蛮神が奪った物」の欄に、蛮神が「お題」として書き込んだと思われる「ワード」を推理して記載し、全員の前で紙を見せて発表!!最後に「リミットブレイク!」と叫ぶんだ!

⑤蛮神は、リミットブレイクされたら、自分の用紙をみんなの前に出して答えを発表!!!

⑥蛮神と、ラストプレイヤーの答えが同じだったら「プレイヤー側の勝利!」

⑦蛮神と、ラストプレイヤーの答えが違っていたら「蛮神の勝利!」だ!


用紙はA4の紙に4分割で印刷するとよい!


きっとオフ会も盛り上がるに違いないぞ!!






ゲームプランナー:Yakkun Mercury


スポンサーサイト







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する