【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 第2回:やっくんさんぽ(アニマ鯖)★第二話
2016年06月17日 (金) | 編集 |
第2回:やっくんさんぽ(アニマ鯖)★第一話

の続きです!



20160530_032.png



これに参加しようとして、サーバーを間違えるっていうね。


よしPファンに


二番煎じもいい所だ!!恥を知れっ!!!


と怒鳴られても仕方のないやっくんですよ・・・。T▽T


せっかく予習をしていたはずなのに・・・・

20160530_033.png



ここはどこなの?


なんでアニマ鯖じゃないの!!?

もちろん、イフではないよね???


その時、一緒に行こうと言っていたプライマレナイズの哀愁のアシエン、ダルから連絡が入る。


ダル「今、どちらにいるので?」


立て続けに天使の歌声「ミーコ」からも連絡が入る。


ミーコ「やっくんみつからない~wあれぇ~w」


理由はすぐに分かった・・・。


私は、やっくんさんぽにて痛恨のミスを犯していた。


20160617_014.jpg



そう!
実は、先日お話ししていた「エオカフェ受賞者の集い」
別鯖にも誕生していたやっくんだったが、その時に訪れたハデス鯖と、今回いかなければならないアニマ鯖が



同じデータセンター上だとは思っていなかったのだ!!!


みてくれ・・・・。


自分のメインアカウントがいないサーバーになんと


20160617_015.jpg


3人ものドッペルゲンガーが誕生しているじゃないか!!!



なんでマンドラゴラにいるのかも謎。


何しにいったんだ・・・・やっくん・・・。


と、そんな事はどうでもいい!
今は一刻も早く、アニマ鯖に降臨しなくてはああああ!!!


■■■なうろーでぃんぐ■■■


20160617_016.jpg


よかった!!
開始1分前に会場に到着!!!


会場では、オリンピック開催のごとく打ち上げ花火パレードが行われていた。


やくん「あ・・・・・花火・・・・。」


ポケットの中には、いろはす討滅戦で頂いたらしきクラッカーが入っていた。


あああああ、吉田神!!!

ありがとう!T▽T


吉田Pは、こんなギリギリの私をも救ってくれるのか・・・。


なんとか、ダルとミーコに連絡がつき、PTを組む。


20160617_017.jpg


SHU氏が冗談を交えながら華麗な挨拶を繰り広げ、軽快にイベントを進めていく。



SHU「一昨日のコミュ放送も面白かったw」



(俺のはなかったけどな!!!)



会場がドっと沸きあがる。


SHU「はてさて、今日ここにいる方で、応募したわヨ!って方はいらっしゃいます~?」


そして間髪入れず


SHU(いっぱいおるの、しってるんやでなw)



この間の取り方といい、運びといい、聞いてて飽きないテンポが心地良い。

思わずやっくん、手をあげてしまいました。



SHU「まず、最初に挙手いただいたのはやっくんさんですね!」



ちょwwwwとwまwwうぇwwwwww挙手順なの!!!?


なんか台本とかあって、流す順とか決まってたんじゃないの!?

てかうちらコミュ放送でたし、他の曲やるんやないの!!!?

と、まさかのフリに超焦る。



カボチャとか拾っている場合じゃなかったっ!!!!

予習もしてなければ打ち合わせも台本もねえですよっ!!!








そしてSHU氏は、YouTubeのURLと共に、曲を紹介してくれ、且つエオカフェの話まで振ってくれた。



むむむ・・・

こうなっては仕方がないっ!



何かみんなが知らないようなネタを提供しなくてはっ!(使命感)



そして頭真っ白の中、口から出てきた話が・・・


やくん「えーっと、ぷらいまれないずですが・・・


『みなさん家族なの?』


とか色々聞かれるんですけど

・・・実はこれLSで集まってます!」



やくん「そして、アシエンは夫ではありません!てか、嫁募集中ですっ!」



客「!!!?」


ダル「こらあああああああ!!!」



・・・・・・発狂するダル。



SHU「なんてプライベートな話題wwww」


これには観客も大ウケwww

「ご家族じゃなかったっ!!」

「ホントに!?」

「888888888」



やくん「嫁希望の方はあとでこっそりレス下さい!」


ダル「うわあああああっ」


私は全部ダルにおしつけて着席した。


ダルがPT会話で尚も発狂しているw


(許せ・・・ダル・・・・私にはどうすることもできなかったのだ。)


一方、隣で顔を青くしているミーコ・・・・


ミーコ「まずいwこんな豪華メンバーでURLとか貼られたら死んでしまう」


SHU氏の進行は留まる事を知らない。


SHU「あやすけさんも凄かったの!やっとみつけて・・・よしっ!みんな、再生ぶん回せー!!」



あやすけさんは、ICレコーダーで収録。
VegasProというソフトで編集したらしい。

Vegas Pro 13 半額キャンペーン版 [ダウンロード]

新品価格
¥49,680から
(2016/6/17 17:47時点)



Vegas Pro 13 Suite 半額キャンペーン版 [ダウンロード]

新品価格
¥77,112から
(2016/6/17 17:52時点)





「初めての編集でこのクオリティ!」

「プロのベガースっ!」


会場の客もこれには驚きを隠せなかった。

ちょうどその時、ベガースが安く手に入ったとの事で挑戦したらしい。

しかし、本当にみんな音だけでなく映像まで・・・
よく作りこんでいるなあ~と関心する。


みんな、FF14が大好きなんだね!とても愛を感じるよ。


20160617_018.jpg




そして、いよいよ我らがミーコの作品が紹介される。




会場がどよめく。


「天使だ・・・・。天使の歌声だ・・・。」

SHU「ミーコさん、ちょっとLIVEで歌ってよ。最初だけでもいいから!!」


ミーコ「えっ」


いきなり、今日一番の無茶振りが入ったwwwww



客は拍手喝采大喜び!


実は、ミーコ本人、こんなに素敵な歌声であるにもかかわらず

一昨日前に、一度動画にカギをかけていた。



「もうイベントも終わったから・・・。
楽しかったし。祖堅さんを応援したかっただけだし。^^」


そんな事を言っていた。


なんてもったいないことをする!!!


なんとかミーコを説得。

その上で、URLを知っている方限定でなら・・・と再公開してもらったこの歌声。

シナリオをすすめた人なら、誰しもが想い、言葉にならない胸の内があったはずだ。

それを見事なまでに表現したこの歌詞。

なくならないでよかった・・・・。



SHU氏に勧められ、ミーコが会場で歌詞を披露する。



20160617_019.jpg



 小さき手に祈りはあふれて 深まりし夜 静寂を彷徨う

 凶星が誘う闇を今ぞ断ちきらん 託されし希望を胸に灯して

 永き痛み 忘れえぬ 友よ 迷わぬ瞳に清かな星影





イシュガルドのしっとりした曲になんて合うんだろう。


言葉にならないなんてウソ。




言葉で表現できるのだ・・・。




それをミーコが教えてくれた。



美しいエオルゼアの星空の下
みんなでその歌声に耳をかさね・・・
なんて贅沢なイベントなんだろうね。


歌い終わったミーコは、そっとおじぎのエモを流した。



「よくやった!!!!えらいぞミーコ!!」


「詩のセンスがすごい!」



初めて聞いた人もいたという。

もちろん、会場は歓声の嵐だった。


と、その時・・・・


SHU「あまりの歌声に・・・・おちちゃった・・・。」



SHUさんは、なぜか回線落ちしていた・・・。


えーっと・・・・


すげえイイとこだったんですけどwww



う、うーん。


SHU氏はまあ・・・いっか。



仕切りなおして、次に紹介されたのは「ふぇむと」さんの作品。



iPhoneで録音した後に、フリーの「Aviutl」という動画編集ソフトを使っているらしい。

まるごとフリーで動画編集―AviUtlマスター★ガイド

新品価格
¥2,484から
(2016/6/17 18:20時点)



AviUtlではじめる動画編集 (I・O BOOKS)

新品価格
¥2,484から
(2016/6/17 18:21時点)





ピアノの上をやさしく撫でるように弾くその指にみんなが酔いしれる。



「この音色好き~っ」


こんな言葉を聞いただけでも

祖堅さんが


祖堅「きちんと紹介したいのっ!」

って言っていたのがとてもよく分かる。



それぞれ、作り手の思いがあり、見えない力があり
こうやって皆で音を共有するだけで

ただ「綺麗だな~」って耳に入れていただけのメロディーにも命が宿る。


超える力・・・・

作り手から離れ、新たな人がそれに個々の思いを重ね

同じ曲とは思えない千差万別のメロディに変化する・・・




そして、それがこんな風に言葉にだして評価してもらえると、本当にやってよかったって思えるよね。




たとえ1人でも

「楽しかった!」とか

「かっこよかった!」とか

「感動した!」


なんて事を言ってくれる人がいたとしたら


もうそれは自己満足の域から超えた、素晴らしいエンターテイナーでもあるのだ。




もちろん、それは音楽に限った話ではないのだけれど。








そんな感じで前半の音楽サミット(ブログ)はいったん休憩!

やっくんの記憶もちょっと曖昧な所があって、もしすっぽ抜けていたりしたらゴメンナサイ。

続きは

第2回:やっくんさんぽ(アニマ鯖)★第三話

でお会いしましょう!






スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。