【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 #1 アザレアの鉢植に 込められた想い
2016年05月09日 (月) | 編集 |
みなさん、こんにちわ。

やっくんです。

今日は、とっても素敵なお話があったので書かせて頂きますね。

5月8日(日)、それは1本のメールから始まるのです。

20160509_001.jpg


===受信===
やっくん、お願いしたい事があります。
今大丈夫ですか?




この日、やっくんはリアルが忙しく、すぐに対応する事ができなかった為、とりあえずひと言だけ入れて返信。



===返信===
ごめん、今ちょっと出られません。用なら入れといて下さい。後で見ます。





すると、しばらくしてまた受信ランプが点灯する。



===受信===
了解です、忙しいとこゴメンナサイ;;




その後、用件が入る事はなかった。
はじめは、何気ないただのメールだと思っていたのだけれど、なんだか様子がおかしい?
やっくんは、予定を早めて家に戻る事にした。




===送信===
どうしたかな?




聞くと、どうやらエオルゼアの中でお願いしたい事がある・・・との事。
その後、彼の話を聞いて私はすぐに理解した。


===送信===
それは素敵だね!いいよ、協力しましょう。





===受信===
ありがと~;;





とりあえず、この後にやって欲しいことを伝えて、一旦電話を置く。

ネオンちゃん。君って子は・・・・。



20160509_006.png



彼の名前はネオン。
うちのFCに所属するエレゼンシェーダー だ。
盾を専門とする、とても頼りになる男の子。


ネ「なんかお手伝いできる事はありませんか~?」


LSが静かだと、こちらから声をかけなくても
何気なく話を振ってくれる、とても優しい子だ。


やっくん、急いで用事を済ませ、やっと時間ができたのでログインする。


(あ、きてる!!)



やっくんの自宅のモグポストがメロディーを奏でている。

20160509_002.png

待たせたね、ネオンちゃん。

この依頼は、きちんとやっくんが引き受けたからね。



ポストを開ける。

すると、そこには丁寧に分けられた2通の宅配便が届いていた。


20160509_003.png



一通ずつ大切に開封。

20160509_004.png

20160509_005.png


これは、やっくんに贈られた物ではない。

ネオンちゃんがとても大切に想っているあの人への手紙と贈り物だ。




やっくんは、文字を打ち間違えないように気をつけながら同じ文章を書く。


アイテムを添付。

そして・・・送信。




そして、このメッセージとアイテムは、同じFCのいずみちゃんに送られる事となる。





このFF14というゲームは1アカウントで8キャラまで作って遊ぶ事ができる。

そして、ネオンちゃんの母、いずみちゃんはネオンちゃんと同じアカウントを共有している。



FF14では、システム上同じアカウントに紐付いたキャラクター同士がフレンドになる事はできない。

よって、ネオンちゃんは母に直接レターを送る事ができないのだ。



だから、やっくんのキャラを経由して母の日のプレゼントを送ってもらいたい、そういう依頼だったのだ。



今日は「母の日」。なんとか間に合った。
急いで帰って来て良かった・・・そう思った。


ネオンちゃん、君は本当に母親想いだ。
いい男に育ったじゃないか。

天国にいる父もきっと喜んでいるよ。



そして、私はあの日の事を思い出す。

私が絶対に忘れる事のできない、あの衝撃的な悲しい日の出来事を・・・。


いずみちゃん、ネオンちゃんと再開したあの日、私はこの涙の止め方なんて分からなかった。



#2 アザレアの鉢植に 込められた想い へ続く





スポンサーサイト







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。