【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 【初心者支援】 初心者育成中のCF!バフの種類が分からない!
2016年07月20日 (水) | 編集 |


レボ「やっく~んひまだったらハウケタ手伝って欲しいんだけど~?」



おや、3番テーブルご指名ですか?


ってことで、こんばんわ!やっくんです。

早速、うちの新人さんからお手伝い要請が来ました!


20160504_001.png


や「何でいくの?」

れぼ「幻術士で行きたいんだけど、大丈夫かな?」


ふむ、幻術か。

レボさんのメインは・・・確か呪術士だったな。

なるほど、アディショナル用のサブジョブ育成か。

さて、っとなると・・・。

現在LSにいるのは~、五十嵐さん(仮名)だけ・・・か。

や「五十嵐さん、今からIDとか行けますか?」

五十嵐「おまかせしま~す!」

五十嵐さんも、レベルは高いものの、長い間お休み期間があり最近復帰してきた感じ。

まあ、ハウケタあたりならレベル28だしな~。
リハビリには丁度良いだろう。

となると、3人は身内で行けるとして・・・・。

残り1人は、コンテンツファインダーか。

20160504_002.png

コンテンツファインダー。とっても便利な機能。

簡単にPTは組めるけれども、新人育成に使うとすると
デメリットも大きいわけで・・・。

もう殆どの人がハウケタあたりは黙々ガツガツ進んでいくであろう。

だが!!!

だからと言って、ずっと身内だけで進めていくのも良くない。
いつかは1人でCFをまわせるようになって欲しいと思う。


よし!!いくか!シャキーン(CF)で!!!


となると!

や「五十嵐さん!盾を出して下さい!!」

五「はい!了解です!」


そして私は・・・・

20160504_003.png

やっくん、ジョブチェンジ!!!!

20160504_004.png

詩人だします!!!!


くっくっく。私が詩人を出すという事は・・・wwww


・・・そういう事だ!!(今に分かる)


シャキーン!コンテンツファインダー突入!!

20160504_005.png

ハウケタ御用邸・・・

それは、XXLサイズのハウジング!

今までに見た陰気なダンジョンとは違い、御用邸の名前そのままに皇族の別荘的な場所である。

そう!皆が知っている栃木県の「那須御用邸」とか、神奈川県の「葉山御用邸」とかそういうヤツと一緒!

ただそれらと違うのは、管理している住人がサキュバス系メイドさんや、骨の執事長といったモンスター達。

相違点は、宮内庁管轄ではない!ということ。


いよいよSTART!

Dさん「よろしくおねがいします。」

お!同じDPS枠には竜騎士さんがやってきました。



ホンジツのIDは、8頭身の女性キャラ4人PTですね!とても華やかに見えます。



足らない人数分は、自動的に必須ロールが組み込まれるこのCFというシステム。

皆、最初の挨拶と最後の挨拶だけでチャチャチャっと進めてしまうケースがとても多い。

まあ、今は鯖を飛び越えてフレになる事ができない為(もうすぐできるようになる)経験値目的で入る人がほとんど。

となると、効率重視になりがちで、意思の疎通がうまくいかずにトラブルになってしまう事が稀にある(らしい)。

やっくんが詩人になった理由はココ。


詩人はチャットが打ちやすい!!!!


PT会話でフォローができるという最大の利点を生かし、CFでもきちんと新人を育成していこうという思惑があった。


最初は様子を見るやくん。


五十嵐さん、おっけ~!盾として動いているな。
若干タゲが変わるけれど、やっている内に徐々に思い出すだろう。
どちらかというと、迷子スキルの方をどうにか見てあげないとかなw


とか思っている間に、おやや?


五十嵐さんのHPがみるみるうちに減っていくwwww




あ・・・・・。

五十嵐さん、毒食らってますwww


えーと、幻術士のレボさんは・・・っと


クルセードスタンスでストーン連打中!

や「五十嵐さんにエスナ!」


くそwwwだめだww間に合わん!www


五十嵐さんちんだwwwww


や「れぼさんwww幻術士だよwww」


れぼ「そだった・・・ごめんね。」


はい!初心者あるあるだね!


メイン呪術をやっていて、急遽ジョブを変えて回復ロールになる。
着ているものは一緒で使うのは魔法系。いつもの癖で攻撃してしまう。
ゆえに、見ている場所も敵のHPゲージだったりする。

仲間が死んでから、あれ?なんで死んだの?って気付くw


や「れぼさん、回復せんとwww五十嵐さんナイスファイト!」


ここで、きちんとコミュニケーションを取る準備をする。

最初から伝える事もできるけれども、あまり過保護になるのも良くない。
まずはやってもらい、必要があればサポートする。

やっくんスタイル。

CFでもきちんと会話をする人間と分かれば、相手も理解してくれる事が多い。

こちらも相手がどんな方か分からないけれど、相手だってこちらがどんな人間なのか分からないのだ。

その為の詩人である。


五十嵐さん復活!


だが、今度は五十嵐さんがカギを取るのを忘れて違う方向へと戦闘へ行ってしまうwww


Dさん「鍵は・・・?」


今度はそっちかwww

や「カギこっちやったなwかむひあ!」

とにかく、会話を交える。

テンパってると、会話ができなくなる。
FF14は、操作しながら喋るという事の難易度が高い。

盾、ヒーラーならなおさらだ。


と、そこへ急にリアルで雨が降り出した!

や「ぎゃああ!!!雨だwこの戦闘終わったら、窓しめる~!ひぃw」

Dさん「w」


はいきたー!!!!


Dさんから「w」頂きましたーっ!!!!


戦闘中、文字だけでお互いを理解するのは難しい。

難しいけど、それを放棄してしまうと、何かあった時にあまりイイ結果は生まれない。

とりあえず、初心者さんには意思の疎通が大切という事を知ってもらいたい。
そしてCFを上手に使って遊んで欲しい。

それが今日の課題でもあった。


そして、ステップ2


PT中にやって欲しい事があれば伝える。

但し、無理のない範囲で!

失敗しても、それは仕方がない。

チャレンジしてもらう事に意味がある。

や「余裕があったら、毒とかは治してあげると良いよ」

沢山の事は言わない。

一個ずつ。これならできるかな?って事を促す。

上手にできた事はきちんと褒める。


すると、レボさん、頑張ってエスナを唱えだした。


そこで・・・


初心者あるある事件その2発生!


やっくんの猛者の撃→レボのエスナ

やっくんのホークアイ→レボのエスナ

やっくんの発頸→レボのエスナ

やっくんの捨身→レボのエスナ





バフの種類が分からないwww



よし、これは宿題にしよう。

今は、なんでエスナをかけてもバフが消えないのかを考えてもらおうw


という事で、ニヤニヤしながら進むやっくん。


いいんですよ。上出来です!w


敵のHPではなく、きちんとPTのHPとバフを意識するようになったって事だもんね、レボさん。

唱えるタイミングが全く違うけれども、これはこれで大きな進歩である。



やっくんは、過剰なエスナに身を任せそのまま進む事にした。



そして、しばらくすると、エスナが飛んでこなくなった。



何かおかしい・・・レボさんは何か気付いたようだ。



だが、回答は最後。



失敗する→考える→自分で気付く



この過程が大事。

このMMOにて自分で学ぶという事はとても大事な事である。



すると、次にまたもや五十嵐さん迷子スキル発生!!

違う方向へを走っていくwwww


や「こっちだよ~!」


五「ごめん。」

や「おっけ~!久しぶりだもんね。」


や「終わったらみんな、DさんにMIPいれるんやで~www全員!」

Dさん「っw」


や「Dさん、最後MIPの入れ方分からないかもしれないんで、説明するんで飛ばずに少し待っててね。今、新人育成中なのよ~。」

Dさん「ほい。いいPTですねw」

お褒めの言葉ありがとうございます!

いやいや、今日ご一緒できたのがDさんで良かったですよ。ホント。


や「まさか、回復から教えるとは思わんかったけどwww」

Dさん「っw」



会話を交える事により、どんなIDも今よりもっと楽しくなる。

そして、相手も理解してくれようとする。

私がFF14に来て、何度も味わってきたこういう感覚。

一期一会。

次にまた会えるかどうか分からない。

だったら、その1回を楽しいものにしたいじゃない?

Dさん「デジョン使います?」

察してくれて、ショートカットするかどうかを聞いてくれた。

や「はい、デジョンします!れぼさん分かる?ここまできたら通常デジョンで・・・」

シュン
シュン
シュン


や「って、置いていかれたあああああああwww」


変な所で飲み込みが早い・・・。orz



さて、いよいよ最後のボスです。


このメンツだったら、レボさんひとりくらいギミックを知らなくともクリアできてしまうだろう。


だからといって、身内だけで来ているIDでは無いため、わざと失敗してもらうわけにもいかない。


という事で、超簡単にレボさんに説明する事にした。


や「戦闘中、怪しいランプが四隅で光るんだけど、余裕があったらランプを触って発動を止めてください!それができたら上出来!」

や「無理そうなら、盾の回復に専念してくれてOK!」

や「Dさんが頑張るwww(とおもう)。」


れ「はーい!」

Dさん「っw」

五「(*^▽^*)ノ」

や「死んでも泣かないこと!終わったら、いきなり帰らないこと!」

や「では、突入!!」


ラスボス!戦闘開始。

早速ランプが怪しく光りだす。


れぼさん、ランプに気付いて走り出す。
だがしかし、結構な硬直時間に五十嵐さんのHPも気になる。

レボさん、動いてしまいキャンセル。

すかさず、Dさんがフォローにまわる。

怪しいランプ消灯!

レボさん、足取り迷うも、Dさんのフォローを確認し、盾の回復に戻る!


よし!行ける!!!



そう!やることが分かって、挑戦する事に意味がある。

それは決して無駄な事ではない。


Dさんのアシストに気付き、すかさずレボさんが回復に戻る。


周りが見えている証拠だ。


ピンチ時のとっさの判断。切り替え。


これをやって。と言われ、言われただけの事をまじめにやり続けてしまう初心者さんも多い。


(ナイスファイトだ!レボさん)


そして、2回目のランプが怪しく光る。


またもや、ランプに走っていくレボさん。


失敗しても、きちんとチャレンジする!


だが、2回目の発光のときは、雑魚も沸いてまたもや間に合わない。


Dさん、アシストに入るが若干やっくんの方が早かった為、雑魚処理にまわる。


そう!こうやって周りがみえてくるとIDって面白い。


自分ができること、相手ができる事、状況判断により、戦闘の仕方も変わってくる。




よし!ここでリミットブレイク!!!!



・・・する前に倒してしまいました。 凹O



Dさん「おめでとうございます!」

や「おめでとう!」


最後、みんなでMIPの入れ方を確認して記念撮影!


20160504_00.png


ね!楽しかったでしょ?


五「ありがとうございました^^」

れ「ありがとう!!」

や「またどこかでお会いしましょう!」

Dさん「またどこかで!」


こういうのを大切にしていくと、いつかレベルがあがった時に、鮮明に思い出す事ができるんだよね。



そして、解散後にレボさんに説明する。


や「デバフ、気付いたねww」

れ「うん。でも、どれがどれやら・・・」

や「気付いただけでも上出来!実は、バフには形があって、↑方向がとがっているのが良いバフ!↓方向がとがっているのがデバフって言って、状態異常にかかってるって判断できるんだ。但し、エスナで消えないデバフもあるから、それは戦闘しながら覚えて行ってね^^」

れ「わかった~!」


そう!レボさんが一生懸命エスナで消そうとしたバフは強化バフ!

やっくんの攻撃力がアップしたり、クリティカル発動率がアップしたり、被ダメージが上昇したり、命中率があがったり!

レボさんは、それを必死に解除しようとしていたのですwww


<おまけ>

エスナで解除できるデバフで代表的なものはこんなものがあります。(まだ沢山ありますがw)

・麻痺
・毒
・病気
・ヘヴィ
・石化
・WS不可
・被物理ダメージ増加
・スロウ
・被ダメージ上昇

※見た目は赤や紫系のアイコンが多く、あからさまにヤベーって感じがします。



逆にエスナで解除できないデバフは

・ヘヴィ(強)
・恐怖
・スタン
・衰弱
・悲哀
・誘惑

などなど、たっくさんあります。(やっくんも覚えきれません!)


でも、やっているうちになんとな~く分かるような気がしてきます。


まずは試す!試して感覚を知る。
それだけでも全然違います。^-^


どんな些細な事でも構わない。
分からない事を分からないままに進んでしまう事もできるFF14だけれど、やっぱり楽しく遊んでいくには、色々知っていかないとね!


やっくんの面白スパルタ教育は続く!

(基本メインが戦闘職ではないため、基本中の基本、低レベル帯のみになるけど!)



って、あわわ。

気付いたらもう6時じゃないか!・・・寝ないと!!



ってことで、IDご一緒した皆様、ブログに足を運んでくださった皆様

おやすみなさいませ~★


------------------

そんなLSバスターズでは、只今メンバー募集中でっす。
楽しく遊べる方。興味がある方は是非やっくんまで声かけてくださいね!


スポンサーサイト







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。