【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 深夜2時・・・リムサの八分儀広場 外人さんに囲まれるの巻き
2016年04月22日 (金) | 編集 |
深夜

本日も 『マテリアはめ店』 のPT募集をしつつ営業所リムサロミンサにデジョンしたやっくん。


そこに、お得意さんの姿を見つけた。



赤髪のアウラだ。



とは言っても、本日は赤髪のアウラにミンフィリアよろしく呼び出されたわけではない。

彼女はここがお気に入りの場所だと言い、私は単純にテレポイントとマケボが近いそしてテレポがタダという立地条件の元、リムサ営業所に飛んできたいわば偶然である。



や「こんばんわ~」

赤髪のアウラ「こんばんわ」

/say で挨拶をする。




まあ、PT募集出しているとは言えもう既に深夜1時を回っている。
私も客がくるとは思っておらず、今日のログアウト前の整理をしつつ、その間ついでに営業PTを募集しただけである。


や「いつもイイお時間のログインですね」

赤髪のアウラ「ええ、お互いに。」

笑い合うw




20160422_001.jpg




どっこいしょ。

やっくんは腰を下ろした。





が、その瞬間PT募集枠が埋まる。



客だ。


や「あ、お客さん来ました!ちょっと行って来ます^^」

赤髪のアウラ「いってらっしゃい。」


そして、PTに入ってきた人に声をかける。




や「ご依頼ですか?」


PTに入ってきた人「      」


ぬ?返事がない。


や「こちら、マテリア装着請負PTなんですが。」


PTに入ってきた人「      」





むむむ。1分以上返事がない。PTに入った人を検索する。




リムサにいるらしいが・・・えーっと・・・Eってことは外人さんか。
で、レベルは・・・・ん?25???




調べてみると、盾レベル25で他のジョブは上げていない模様。

これは間違ってPTに入っちゃった感満載だ。





しばらくして、たどたどしい感じで

レベル25盾さん「English?」

と聞いてきた。





えっーと、やっくん英語スキルはない。


先日、英字新聞は取ったものの、まだ初回無料配布が1度届いたのみ!


というか、日本語の新聞さえ読まないんだからそれなら何だっていいだろう?って思いで、天麩羅あげ用の新聞欲しさに英字新聞を注文した不届き者である。




だが、私はメンター資格を持っている。(クラフターのw)
たとえ相手が間違って入ってきちゃった外人さんであろうと、そこに罪はないのだ。
必死で言葉を考える。


や「【マテリア】 in Shop」


タブ変換を使って必死に答え・・・・





・・・・る前に、相手がログアウトした。



ああああああああwwwww



絶えられなくなって落ちてしまったか、初心者外人盾さんよ・・・。


だが、PT中にログアウトした所で、ログインしたらまたこのPTに復活してしまうのだぞ?





まあ、深夜のPT募集。もちろんコメントは書いてあったが日本語で読めなかったであろう。

同じリムサにPT募集がでていて、なんとなくポチっと入ってしまっただけなのかもしれない。

やっくんは、そっとPT解散をして 赤髪のアウラの元へ戻っていった。





20160422_002.jpg

や「なんか、間違ってPTに入ってきた外人さんでしたw」

赤髪のアウラ「そうでしたかw」

今日のマテリアはめ店は閉店。






赤髪のアウラとセイで雑談をはじめた。






や「そういえば以前、外人さんから『Are you a girl?』 (中は女の子?)って聞かれた事がありまして・・・」

思い出話をはじめる。



や「 『I'm cat!』 と答えた事があるんですよね。猫だよ~ってね。そしたら、『Oh my Got!』(そうじゃねーよ!)って答えが返ってきた事がありますwww」


赤髪のアウラが笑う。



赤髪のアウラ「まさか猫って言われるとは思ってなかったんでしょうねw」

や「だと思いますw」

赤髪のアウラ「アウラバージョンも考えておかないとw」






すると、いきなり



知らない人「Hi Au RA」



と会話に割り込んできた見知らぬ名前。




や「あう ら ってwwww」

赤髪のアウラ「誰・・・!?」





や「お友達ですか?」

赤髪のアウラ「いえ・・・初対面です・・・w」



テルで赤髪のアウラに確認するも、声の主は誰だかわからない。

すると、その知らない人が私たちの隣にドカっと腰を下ろしてきた。



20160422_003.jpg



や「Au RA だと、Auが金ですねwww」

赤髪のアウラ「もはや物質!」




私たちがセイで喋ってたから煩かったのであろうか・・・。

しばらく赤髪のアウラとテルでやりとりをする。




すると、声の主、めっちゃ赤髪のアウラを見ている。
ものすごい勢いでガン見している。




や「めっちゃ見てますやんwwwww」

赤髪のアウラ「誰!?みたいな!!!www」

や「超見られてるwww」

赤髪のアウラ「見すぎ!!!!www」




すると今度は、その知らない人がやっくんと赤髪のアウラを交互に見始めた。



や「両方見始めたwww」

赤髪のアウラ「怖いんですけどwww」




すごい速さで、やっくんと赤髪のアウラを交互にターゲットする知らない人。




サチコメを覗いてみると、どうやら外人さんのようだった。




や「ほら!今だよ! I am Au RA」



赤髪のアウラ困惑wwwwwww



どうやら、セイで話していた私たちがおもしろくなって絡んできたらしい。

もしかしたら、日本語も英語も分かる外人さんだったのかもしれない。





すると、今度はそのFCのフレらしき人が続々と私たちの周りに集まりだし
更に赤髪のアウラに追い討ちをかける。




深夜2時・・・リムサの八分儀広場 外人さんに囲まれるの巻き




赤髪のアウラの顔が硬直していくのが分かるwwwww

必死で目をあわせまいとしているのが、肩越しにひしひしと伝わってくるww




と、そういう時は!!!!



/em やっくんは考えた。

/em やっくんは手を振った。

/em やっくんは大笑いした。





とにかくエモだ!ビバエモーション!!!

英語はわからん!

だが、なんか知らないけどみんなFF14大好きっ子が集まってきてしまったんだ!



やっくん、万国共通、翻訳コンニャクエモーションで応戦!!



すると、外人FC集団もお辞儀で返してきたりしてなかなか面白い。





だが、私たちがセイで喋るのをやめてしまったせいか、程なくして外人さんたちは何処かへいなくなってしまった。




や「私がセイで 『 I'm cat! 』 とか言ってたから反応しちゃったのかな?」

赤髪のアウラ「あー!それあるかもしれないですねw」

や「英語できるんかな?ってw自分でまいてしまいました。」

や「でも、よく分かりました!夜中に英語交じりで会話すると多分つれるんですよ!」





外人さんが!!!





赤髪のアウラ「新しいトリビアが誕生した!

金の種を贈呈します!」




や「なるほど!Au(金) だけに!!」






スポンサーサイト