【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 経験則
2017年04月18日 (火) | 編集 |
FCで、ユータとメイゾーの初見ソール・カイに行ってきました。

本日のメンバーは

ナイト:ユータ
黒魔:メイゾー
詩人:やっくん
白魔:ソン氏

以上、4人

20170408_001.png

初めてのIDに挑むユータとメイゾー。
だが、レベル60になるまで沢山のIDをこなしてきた彼らにとっては
「初見で怖い」という感覚は薄い。

それよりもワクワクの方が断トツに大きいだろう。
予習などせずに経験則だけで突っ込むIDは本当に面白い。



盾の役割、DPSでダメージを出す役割、このエリアではどこに敵をひきつけ戦えばいいのかなど、予想し立ち回って動く。
私たちにとっては、これがなんともいえない冒険感なのである。




だが、時としてこの経験則が裏目にでる事がある。




長老モグリン




久々に見たモーグリ族に、メイゾーがはしゃいでいる。

「モーグリがいる~!」


モーグリ族とは、過去の討滅戦で何度か刃を交えている私達。
討滅戦においては、8人用のコンテンツとなっているため、今回は4人でこれらを倒さねばならない。


緊張がみなぎる中、ユータはモグリンに斬りかかった。



ボスのモグリンを引き取りつつ、周りに沸くモーグリをどんどん集めるユータ

雑魚はやっくんとメイゾーで処理をしていく。
詩人と黒魔コンビはとても相性がよい。

やっくんが魔人を歌う。
メイゾーの黒魔法の威力が加速していく・・・。


この後、ここの雑魚モグにはちょっとしたギミックが隠されている。


モーグリを倒した後に、そのモーグリをボスから引き離しておかないと・・・


せっかく倒したモーグリ達が復活をしてしまうのだ。


ユータとメイゾーはそれを知らない。



やっくんは、モーグリの死体を外周へと蹴散らした。




だがしかし・・・・


ユータが外周へ蹴散らしたモーグリの所へと長老モグリンをつれていく。



みごとな復活祭である。




長老の加護を得て、どんどん蘇るモーグリ達。


なんども・・・なんども・・・なんども・・・・なんども・・・・・


幾度となく復活するモーグリ達を一生懸命に集めるユータ。



私たちは負のスパイラルに捕らわれはじめる。



盾は敵を引き付ける役!!!


この経験則に縛られているユータはギミックに気付かない!


一瞬

(全滅してしまえばいいにゃ!そしてギミックを知ってもらってやり直しすればいいにゃ!)



とも思ったが、一生懸命に戦っているユータとメイゾーを見ていたら




やってやろうじゃにゃいか!!!

まとめてかかってこいにゃあああ!!!



という気持ちにwwww



やっくんはソン氏をみる。


(ニヤリ・・・・)


一瞬、ソン氏が笑ったようにみえた。







ボスのモグリンのHPは徐々に削られ、3割程度になっている。
雑魚が復活するも、メイゾーは動きを最小限に止め、渾身の黒魔法を唱えている。
ソン氏のMPはまだ1000を切ってはいない。


やっくんは、一瞬、歌っていた魔人を切りMP回復にまわす。


どっちを歌えばいい!?



詩人の役目は歌を歌う事!



局面に追い込まれると、回復を重視するのか、攻撃を重視するのかの判断に問われる。



やっくんのMPが3割まで回復した。





ソン氏のMPはカツカツだ。



だが、私は知っている。



ソン氏はソールカイを何度もクリアしてきているピュアヒーラーなのだ。




ごめん!!!ソン君!このMPはメイゾーに託す!!!




やっくんは魔人を再熱唱!



メイゾーのLBとが炸裂する!


長老のHPは残り3%!



いける!!




強化バフを乗せたエンピリアルアローが長老に炸裂した。









「たおした~~~!」



メイゾーが嬉しそうにつぶやいた。



ギミックについての解説はしなかったが、なんとか乗り越えた。



「そんくん、ありがとう。よく耐えてくれたにゃ。」


「いや、やっくんが歌ってくれたからなんとかしのげたよ。」


「あ、ごめんにゃ。実はバラードは歌ってなかったにゃwwwwいったん切ったけど、やっぱり魔人歌ったにゃwww」


「ぐはぁ。バラ歌ってくれてると思ってたー。」



ソン氏も経験則でバラが飛んできたと思い込んでいた。




戦闘中はチャットが難しい。


だから、相手の立ち回りを予測して動く。


一緒に戦っているからこそ、ここでアイツならこう動く!


みたいな、不思議な勘が働く。


これがとっても面白い。



今回は勘違いで超える力を発揮してくれたソン氏に盛大な拍手を送ってやるのにゃ。



【おまけ】

20170418_001.jpg

ソール・カイでのワンシーン!

やっくんのもう一つのジョブ「戦場のカメラマン」発動である。










スポンサーサイト