【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 没レシピ⑤ラスト!
2016年04月27日 (水) | 編集 |
勢いで書いてしまった、没レシピ集!

最後の投稿作品はこちら。

minions_03.jpg

minions_02.jpg

minions_01.jpg

前回、量産型メテオチョコで、チョコペンの面白さを知ってしまったやっくん。

余ったチョコを有効利用しようとしてできたのが、このミニオンズだったわけです。


というコチラも、ネタ投稿だったので。


今回のエオカフェ新レシピへの挑戦で、何が一番大変だったのかというと・・・



とにかく、作品達を

食べては食べ・・・そして食べては食べ・・・

と、胃袋強化訓練に勤しんでしまった事でしょうか。

(ていうか、食ったら半分は動けよ!っていうね。)




しばらくはカロリーを控えた食事に切り替えないとヤバイくなってきたやっくんでした。



見に来てくれた光の皆様、本当にありがとうございました。

これにて没レシピ集は終わりです。


そして、運営から連絡がこない・・・とシクシクしていたやくんでしたが。
昨日、やっとサポセンから携帯の方へ連絡が届きなんとか事なきを得ました!!


本当によかった!!


これでエオカフェの試食会へいけるううう。



本気泣きしていたやっくん復活です!


心配してくださった方、どうしたら良いのか一緒に考えて下さった方、本当にありがとうございましたーーーーーーっ!!

こんな所でなんですが、皆からの励ましは心の底から嬉しかったです!









スポンサーサイト

 没レシピ・その③④
2016年04月26日 (火) | 編集 |
う~ん、変な時間に寝て、変な時間に起きてしまったぞ・・・。


という事で、おはようございます。やっくんです。


引き続き


投稿したけど不採用となったレシピ


を上げていきます。(笑)


気のせいだとは思うのですが、書いててだんだんHPが減っていく気がします。


まあ、ヒマだし仕方ねえな~。つきあってやんよwww
っていう優しい光の戦士だけお付き合い頂けたら・・・やっくん泣いて喜びますので。


てことで、今回はまとめて2本の没レシピをあげてしまいましょう。


はじめに、予告にあった「グブラ図書館パイ」のお話です。


最初は、チョコでメテオマークを書き出したのが始まりだったこの作品。


チョコの加工ってホント難しいんですよね。


いかんせん、お菓子に関してはやっくん特にド素人なわけで。

20160425_001.jpg

最初はほんとに見れたモンじゃありませんでした。^^;



そして、YouTubeで、どうやったらキレイなチョコが作れるのか検索しつつ練習練習、猛練習!


私のFF14への愛はこんなもんじゃねええ!っとね。



もぐもぐ→書き書き→もぐもぐ→書き書き・・・



こんなもんじゃ・・・


もぐもぐ・・・


こんなもん・・・


もぐもぐ・・・


と、しばらくチョコ木人と格闘・・・。

(あれ?私は何を討滅しているんd・・・・)


S__14065676.jpg

S__14065675.jpg


おぅい!!!

どこ行ったー。F14はどこいったー。


閑話休題


そして、なんとかココまで仕上げられるようになったやっくん。


気付けば量産型ザクならぬ量産型メテオが誕生しておりましたwww

IMG_7041 (1)



ともかく!こいつを使いたい!!


だが・・・えっと、どこに!?


<脳内レシピ会議中>

やっくん1「本日の議題だが、皆にはメテオチョコをどうやったらキレイに見せられるのか!を考えて頂きたい」

やっくん2「おいおい、チョコって溶け易いだろう?」

やっくん1「もちろん、ある程度の時間は原型を保ってもらう事が大前提だ。」

やっくん3「また無茶振りをwwwww」

やっくん4「そもそも、こいつはどう設置するのが一番視覚的効果を得られるんだ?」

やっくん5「それはやはり、テーブルに対して斜め45度あたりに飾るのがベストポジションなのでは?」

やっくん2「きた、メンドクサイのきたよ。」

やっくん6「あなた、たまに出現する脳内アンチ党ですね。」

やっくん7「建設的に!建設的にお話を進めましょう!チョコが溶けます!!」



脳内会議、与党、野党大賑わい。


結果

→チョコが溶けにくく、且つ視覚的効果を獲得する為には、アイスか生クリームに設置するのが望ましいのでは?


という流れに落ち着いたのである。


また、パイに関しては

「何重にも層が重なって膨らむ性質をどうにか面白く生かせられないか?」

という議題から、さきほどのような討論会を経て

「本が面白そうだ!」という会議結果から生まれたものである。


そして出来上がったのがこちら。


グブラ幻想図書館パイ

図書館パイ_01

図書館パイ_02

図書館パイ_03


味?


味は・・・・


なんのこたない


ただのでっかい「パ○の実」でした。



----------------------------


さて、続きましては・・・


これはな~。もうネタ投稿だったので。
今回沢山の方が応募したのではなかろうか・・・というね。

あのレシピですよ。

食の神髄「チャンドラハーン!」


これは、ニコ生放送の「アニー先輩のオリジナルチャーハン」から~ですよね。

あれはホントに大爆笑だったので。

けどま、ネタ投稿という事でさらっと画像だけ置いておきます。


チャンドラハーン01

チャンドラハーン02


はい、味はコテコテしいです!!


「見た飯」と書いて「みたまんま」と読みます。


・・・・・・・・・・・。




ごめんなさい。本当にゴメンなさい!!!




では次回、ラスト!

ミニオンズ!お楽しみに♪










 没レシピ・その② 『モシャーヌティー』
2016年04月25日 (月) | 編集 |
こんにちわ!

いつもは、「マケボ」と「リテイナーベル」を行ったり来たりしているやっくんです。

本日は「ブログ」と「ヤフーメール」を行ったり来たりしているやっくんです。

※採用通知が来ていないw


はい、大人しく月曜日を待ちましょうか・・・やっくんさん。



さて、前回に引き続き


投稿したけど不採用となったレシピ


を上げていきます。(笑)



では!

痛々しい、このブログを読みに来て下さっている光のお客様には、やっくん特製の

「モシャーヌティー」

をお持ちいたしますね!

モシャーヌティー1

モシャーヌティー2


はい!こちら、当店自慢の「草汁」でございます!!!


もうね、はい・・・すいません。

こんなんですいません。


ヒネリもなんもないですね。


や~、なるほど。

こうやって残しておくと

コレはアウトか~っていう、イィ~見本になりますね。orz


そして、この辺りからネタに走り出すわけですよ・・・やっくんさん。


「そうじゃない!そうじゃないんだ!!」

エオルゼアメニューなんだから!!!


もっとこう・・・ナンカあるだろう?

ニンキナンカなメニューが!!!!


てことで、なんでもイイヤのインターバルタイムは終わるわけです!


次回!没レシピシリーズ第三弾!


「グブラ幻想図書館パイ」


乞うご期待!



(読むの辛くなって来た人は、ウィンドウをそっと閉じて素敵なエオルゼアの世界へと旅立ちましょう)








 没レシピ・その①『ドラヴァニアン・ダウンツリーのチーズフォンデュ』
2016年04月24日 (日) | 編集 |
さて!


「エオカフェ新メニューコンテスト」採用されちゃったやっくんです、こんにちわ!

そして、いまだに採用通知が届いていないやっくんです、さようなら・・・・。

ぎにゃあああああwww

なんでだw 他の人はみんな4日前には届いてるというのに!

ホント、なんかいっつも、ギリギリの所でてんやわんやしているやっくんですね。

ネタですか?そうなんですか?

そういう心臓に悪いのやめてもらえますか? T▽T

てことで、さきほど運営にメールしてきましたヨ。



ふう・・・。



運営「動き、理解した?」

とか返事あったら、とりあえずアバラシア雲海30周くらい飛んで反省してきますね・・・。


「みかん水ギミック」は回避したんだけどなあ・・・。




てことでだよ!

今日は若干ブルーではありますが、ブルーついでに



投稿したけど不採用となったレシピ



をご披露していこうと思います!


イェ~イ!( ̄▽ ̄;)b ←ヤケクソやっくんw


さて、どこいったかな・・・画像・・・


ああ、ありました!やっくん、今回のコンテストでは全部で7品応募しております。
なので、供養しなければいけないレシピは全5品!


てことで、5回に分けてお届けしていきたいと思います!


皆さんも、ご一緒にナムナムして頂けたら幸いです。


では!最初の没レシピ!

【没レシピ・その①】

◆ドラヴァニアン・ダウンツリーのチーズフォンデュ

ダウンツリーのチーズフォンデュ_01

ダウンツリーのチーズフォンデュ_02(訂正)

応募カテゴリーはフード部門です。

ドラヴァニアン・ダウンツリーに見立てて、一口サイズの串揚げを作ってみました。

【レシピ】
①一口サイズの具材に串を刺す
②塩コショウを軽くふり衣をつける
③油であげる
④チーズフォンデュにして頂く


※具材は、一口サイズに切ったものであれば色々な食材で応用できます

【具材例】
・トマトのベーコン巻き
・アスパラガス
・ウィンナー
・キノコ
・角切りベーコン
・うずらの卵
・海老など


あれですね、これは食べるまで中身がわからないというギミック!
宝箱をあける時の感覚で、みんなでワイワイできるパーティメニューとして考えました!

最近流行の「謎めいた串揚げ」ってヤツねwwww(強引)



う~ん、でも確かに!
パッと見た目が、やたらと普通。

これではちょっとインパクトにかけますよね~。



てことで合掌!(チーン)



まあ、でも低コストで作るのも簡単!
FFオフ会のおうちメニューとしては有りな一品かとはおもます、ハイ。



では、次回予告!


没レシピ・その② 「モシャーヌティー」


お楽しみに!!!!




(ん・・・おたのしみ・・・・?)








 『エオルゼアカフェの新メニュー』採用されちゃいました!!
2016年04月23日 (土) | 編集 |
こんばんにゃ!やっくんです。

なななな、なんと!!

やっくんが応募した『エオルゼアカフェの新メニュー』

採用されちゃいました!!


ひいいいいっ!

どうしよう!ヤバイんだけど!嬉しすぎるんだけどっ!!!

しかも2品も!!!

とりあえずだ。

慌てるな!おちけつ、いやおちつけ、私!!

といってるそばから、手が震えてる~っ!w くぁああ><


さて、今回やくんが応募したのはナント7品!!

そのうち、2つも採用して頂いて感無量でございます。

本当に本当にありがとうございました!



てことで、本日は採用された2品をご紹介させて頂きますヨ!

残念ながら落ちてしまったお品も、せっかくなので後日でアップさせて頂きます故w


--------------------------


ではまず最初のお品

◆フード部門

『冒険者なら一度は食べてみたい竜の肉』


冒険者なら一度は食べてみたい竜の肉_03

冒険者なら一度は食べてみたい竜の肉_02

冒険者なら一度は食べてみたい竜の肉_01


まず、このコンテストに応募するにあたり

「自分が冒険者だったら、一番何が食べたいだろう?」

って考えた時に、真っ先に頭に浮かんだのが、『竜の肉』だったんですよね!


そして、竜の肉って言ったらどんなものなんだろう?

って考えた時に、やはりあの鱗から突き出る骨!これは外せないだろう?ってww


冒険者じゃなかったら手に入らない竜の肉!

リアルでは食べられない幻の料理!!!

最高じゃないですか!!ロマンが詰まってるじゃないですか!!


骨に見立てたのは、鳥の軟骨(やげん)
こいつに塩をふって、オーブ ンで焼いたものを竜の背骨に見立てて肉に突き刺しました!


どうでしょう?竜の肉に見えますでしょうか?w


--------------------------


さて、もう一つ!ドリンク部門で採用されたものがこちら!


◆ドリンク部門

『占星術師の夜の夢』

占星術師の夜の夢_01

占星術師の夜の夢_02

占星術師の夜の夢_03

これね!!

作品のイメージは、占星術師のAFをモチーフに
どんなパーツを合わせたらイイのだろうってね!

そして私が何を表現したいのかを細分化してできあがったのがこのレシピでした!

・Violet Fizz=占星術師のAF
・クラブソーダ=AFの点の刺繍
・グラニュー糖=AFの裾のレース部分
・八角=太陽
・オレンジ=月
・ブルーベリー=天球儀の宝珠や、各種アクセサリー
・ハーブ=タロットカード



なんかね、どのメニューに関してもそうなんだけれど、普通にお店に行ったのでは出てこない!
エオカフェならではのメニューというのを念頭において思案したんですよね。


やはり、食べる側にも「驚き」が欲しいじゃない?


美味しさや見た目ももちろんだけれど、
食にもギミックを仕込む事により、そこに感動も生まれるっていうか・・・。

て、何熱く語っちゃってるんでしょうねwww


ホントに大好きなゲームなので、色んな所で盛り上げて生きたい!
飽くなき探究心!!!


今後とも、何かとチャレンジしていきたいやっくんです!!


あ、それと!

※メニュー名や調理方法、食材、盛り付けなどは店舗提供用にアレンジさせていただく場合があります。

との事ですので!そこだけご了承下さい!

ここに貼ったのは、あくまで「やっくんが応募した写真」ですので(汗)

この後、どのようにアレンジされるのか、今からとても楽しみでなりません。



--------------------------

20160423_001.jpg









 深夜2時・・・リムサの八分儀広場 外人さんに囲まれるの巻き
2016年04月22日 (金) | 編集 |
深夜

本日も 『マテリアはめ店』 のPT募集をしつつ営業所リムサロミンサにデジョンしたやっくん。


そこに、お得意さんの姿を見つけた。



赤髪のアウラだ。



とは言っても、本日は赤髪のアウラにミンフィリアよろしく呼び出されたわけではない。

彼女はここがお気に入りの場所だと言い、私は単純にテレポイントとマケボが近いそしてテレポがタダという立地条件の元、リムサ営業所に飛んできたいわば偶然である。



や「こんばんわ~」

赤髪のアウラ「こんばんわ」

/say で挨拶をする。




まあ、PT募集出しているとは言えもう既に深夜1時を回っている。
私も客がくるとは思っておらず、今日のログアウト前の整理をしつつ、その間ついでに営業PTを募集しただけである。


や「いつもイイお時間のログインですね」

赤髪のアウラ「ええ、お互いに。」

笑い合うw




20160422_001.jpg




どっこいしょ。

やっくんは腰を下ろした。





が、その瞬間PT募集枠が埋まる。



客だ。


や「あ、お客さん来ました!ちょっと行って来ます^^」

赤髪のアウラ「いってらっしゃい。」


そして、PTに入ってきた人に声をかける。




や「ご依頼ですか?」


PTに入ってきた人「      」


ぬ?返事がない。


や「こちら、マテリア装着請負PTなんですが。」


PTに入ってきた人「      」





むむむ。1分以上返事がない。PTに入った人を検索する。




リムサにいるらしいが・・・えーっと・・・Eってことは外人さんか。
で、レベルは・・・・ん?25???




調べてみると、盾レベル25で他のジョブは上げていない模様。

これは間違ってPTに入っちゃった感満載だ。





しばらくして、たどたどしい感じで

レベル25盾さん「English?」

と聞いてきた。





えっーと、やっくん英語スキルはない。


先日、英字新聞は取ったものの、まだ初回無料配布が1度届いたのみ!


というか、日本語の新聞さえ読まないんだからそれなら何だっていいだろう?って思いで、天麩羅あげ用の新聞欲しさに英字新聞を注文した不届き者である。




だが、私はメンター資格を持っている。(クラフターのw)
たとえ相手が間違って入ってきちゃった外人さんであろうと、そこに罪はないのだ。
必死で言葉を考える。


や「【マテリア】 in Shop」


タブ変換を使って必死に答え・・・・





・・・・る前に、相手がログアウトした。



ああああああああwwwww



絶えられなくなって落ちてしまったか、初心者外人盾さんよ・・・。


だが、PT中にログアウトした所で、ログインしたらまたこのPTに復活してしまうのだぞ?





まあ、深夜のPT募集。もちろんコメントは書いてあったが日本語で読めなかったであろう。

同じリムサにPT募集がでていて、なんとなくポチっと入ってしまっただけなのかもしれない。

やっくんは、そっとPT解散をして 赤髪のアウラの元へ戻っていった。





20160422_002.jpg

や「なんか、間違ってPTに入ってきた外人さんでしたw」

赤髪のアウラ「そうでしたかw」

今日のマテリアはめ店は閉店。






赤髪のアウラとセイで雑談をはじめた。






や「そういえば以前、外人さんから『Are you a girl?』 (中は女の子?)って聞かれた事がありまして・・・」

思い出話をはじめる。



や「 『I'm cat!』 と答えた事があるんですよね。猫だよ~ってね。そしたら、『Oh my Got!』(そうじゃねーよ!)って答えが返ってきた事がありますwww」


赤髪のアウラが笑う。



赤髪のアウラ「まさか猫って言われるとは思ってなかったんでしょうねw」

や「だと思いますw」

赤髪のアウラ「アウラバージョンも考えておかないとw」






すると、いきなり



知らない人「Hi Au RA」



と会話に割り込んできた見知らぬ名前。




や「あう ら ってwwww」

赤髪のアウラ「誰・・・!?」





や「お友達ですか?」

赤髪のアウラ「いえ・・・初対面です・・・w」



テルで赤髪のアウラに確認するも、声の主は誰だかわからない。

すると、その知らない人が私たちの隣にドカっと腰を下ろしてきた。



20160422_003.jpg



や「Au RA だと、Auが金ですねwww」

赤髪のアウラ「もはや物質!」




私たちがセイで喋ってたから煩かったのであろうか・・・。

しばらく赤髪のアウラとテルでやりとりをする。




すると、声の主、めっちゃ赤髪のアウラを見ている。
ものすごい勢いでガン見している。




や「めっちゃ見てますやんwwwww」

赤髪のアウラ「誰!?みたいな!!!www」

や「超見られてるwww」

赤髪のアウラ「見すぎ!!!!www」




すると今度は、その知らない人がやっくんと赤髪のアウラを交互に見始めた。



や「両方見始めたwww」

赤髪のアウラ「怖いんですけどwww」




すごい速さで、やっくんと赤髪のアウラを交互にターゲットする知らない人。




サチコメを覗いてみると、どうやら外人さんのようだった。




や「ほら!今だよ! I am Au RA」



赤髪のアウラ困惑wwwwwww



どうやら、セイで話していた私たちがおもしろくなって絡んできたらしい。

もしかしたら、日本語も英語も分かる外人さんだったのかもしれない。





すると、今度はそのFCのフレらしき人が続々と私たちの周りに集まりだし
更に赤髪のアウラに追い討ちをかける。




深夜2時・・・リムサの八分儀広場 外人さんに囲まれるの巻き




赤髪のアウラの顔が硬直していくのが分かるwwwww

必死で目をあわせまいとしているのが、肩越しにひしひしと伝わってくるww




と、そういう時は!!!!



/em やっくんは考えた。

/em やっくんは手を振った。

/em やっくんは大笑いした。





とにかくエモだ!ビバエモーション!!!

英語はわからん!

だが、なんか知らないけどみんなFF14大好きっ子が集まってきてしまったんだ!



やっくん、万国共通、翻訳コンニャクエモーションで応戦!!



すると、外人FC集団もお辞儀で返してきたりしてなかなか面白い。





だが、私たちがセイで喋るのをやめてしまったせいか、程なくして外人さんたちは何処かへいなくなってしまった。




や「私がセイで 『 I'm cat! 』 とか言ってたから反応しちゃったのかな?」

赤髪のアウラ「あー!それあるかもしれないですねw」

や「英語できるんかな?ってw自分でまいてしまいました。」

や「でも、よく分かりました!夜中に英語交じりで会話すると多分つれるんですよ!」





外人さんが!!!





赤髪のアウラ「新しいトリビアが誕生した!

金の種を贈呈します!」




や「なるほど!Au(金) だけに!!」













 熊本地震に関する対応について(吉田P)からの投稿
2016年04月20日 (水) | 編集 |
こんばんわ、やっくんです。
「熊本地震」において、被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます

FFXIVの公式フォーラムへ吉田Pからの投稿がありましたので掲載させて頂きます。

---------------------------

熊本地震に関する対応について(吉田直樹P)

20160419_001.jpg

<本文>
熊本地震に関する対応について

皆さんこんにちは、FFXIVプロデューサー兼ディレクターの吉田です。

先日発生しました熊本地震に際し、たくさんのコメントありがとうございます。
そして、被災された方々にFFXIV開発/運営チーム一同より、心からのお見舞いを申し上げます。

震災によって被害に遭われた方々に向け、スクウェア・エニックス・グループより、微力ではありますが支援金のアナウンスをさせていただきました。

平成28年(2016年)熊本地震への支援について

一部プレイヤーの皆様よりお心遣いをいただきましたクリスタ購入による支援などにつきましては、そのお気持ちをありがたく頂戴しつつ、社内各プロジェクト、ならびに経営陣との協議を経て、スクウェア・エニックス・グループとしての支援をもって代えさせていただくこととなりました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

またFFXIVとしてこの状況を鑑み、一時的にハウジングの自動撤去カウンターを停止することにしました。
被災地の皆様はゲームにログインすることはおろか、弊社にご連絡いただくことも難しい状況と予想し、次回ワールドメンテナンスから、暫定で2週間ほど自動撤去カウンターを停止します。
ただし、急を要する修正のためゲーム内で確認できる「撤去まで残りXX日」などのアナウンスは、そのまま行われてしまう可能性が高いです。この点、何卒ご了承ください。

内部のカウンターは止めておきますので、2週間ほど推移を見守らせていただいた上で、その後もカウンターの停止を継続するか、再開するか、改めて検討していきます。もしカウンターを再開させる場合には、事前に告知を行います。

最後に改めまして、被災地の皆様の一刻も早い復興をお祈りしております。


---------------------------


こういう対応、とても嬉しいですね。

被災地においては一日も早い復旧と、皆さまのご無事を、お祈り申し上げます。








 やっくん、新聞をとる。
2016年04月19日 (火) | 編集 |


新聞紙が欲しい・・・。

前々回、知らない間に ダル入りラーメン(アラガン風味) を作っていたやっくんです、こんばんわ。


20160417_022.jpg

新聞・・・・突然新聞???

いやいや、そんな全然勤勉家なわけじゃないです、やっくんさん。

そして、新聞紙が欲しいと書き出しているのに、ラーメンの話に続けているあたり、もう訳がわかりませんよね。


ややや、そうじゃない!そうじゃないんです!!!

これには理由があって・・・

まあ、リアルで調理なんて普通の事なんですが
これね~、たまに困ってしまう事があるんです~。

それは「新聞紙」が欲しいのに新聞紙が全くない!

ということ。ここに繋げたかったのね。

いらねーよ!まわりくどいわぁあああ!

とかいう突っ込み、ハイ、ありがとうございます。


続けます。


揚げ物するにも、何か梱包するにも何にでも使える万能新聞紙!

けど、やっくんネット人間なので新聞をとっていません。

必要な時にコレがないからといって新聞を取ってしまうと
読まないわ大量に貯まるわでデメリットの方が大きくて・・・。

そこで・・・・・

ちょっとだけ欲しい私にぴったりの新聞を発見!したと、そういう話なんですね。



初回は無料購読ができるというので試しに注文してみましたヨ。


数日後・・・

20160417_017.jpg

届いた!届いた!

ポストに丁寧に帯締めされた新聞が届きました!

20160417_018.jpg


じゃじゃ~ん!

英字新聞です!!



えーっと・・・なぜに英字???どこの新聞!!?


と、そこのあなた突っ込みましたね?ありがとうございます!
いやいや、合ってます。英字でNP(ノープレブレム)です!


だって、やっくん日本語の新聞だって読まないんだよ?

→だったら英語の新聞だっていいじゃない!!!

えっへん!o( ̄^ ̄)o



という事。ハイ、相変わらずぶっ飛んでますねwww


と思って、無料購読を試しに頼んだわけですが、届いてみて開いてみたら・・・
いやいや、イイですよこれ。思った通り!私には丁度良い感じです。


何がイイのかというと

①国内外で起こった出来事をウィークリーでまとめてあって、新聞が届くのが週1で1部だけ

②厚みがないのでそれほど貯まらない

③本文は英語でかかれているが、ざっくりと日本語でも訳されている

④なんか英語のナンクロみたいなゲームがついている←w

⑤英字が多いので包装紙に使うとちょっと素敵



とまあ、普通の人とはちょっと視点がズレてしまうのですが
開いてみたら、それはそれで結構面白かったわけです。


<表紙>
20160417_019.jpg

<内容>
20160417_020.jpg
↑プレステのVRについての発表

20160417_023.jpg
↑寝台特急「カシオペア」の最後の定期運行

20160417_021.jpg
↑ナンクロw


The Japan Times ST という新聞


紙内では、重要なポイントにしぼって訳されていますが、翻訳が分からない場合はHPに全訳されたものが公開されているので気軽に英語を覚えたいという方にも良いと思います。


20160417_024.jpg


まあやっくんの場合、最後はここに「天麩羅」が乗ったり、ヤフオクの梱包材になったりするのかもしれませんが。


20160417_025.jpg


いちお、新聞は目を通してから使おうと思うので、今日は揚げ物は無しの方向ですねw


◆ちなみに購読料は「1,132円/1ヶ月」(1部:300円)のようです。◆2016/04/18現在








 またね!メイちゃん。
2016年04月18日 (月) | 編集 |
諸事情によりお休みに入るメイちゃん。

昨晩遅くにログインして荷物整理をしているのを発見。


メイ「別にやめるわけじゃないから~。」

とは言うものの、やはり居なくなるのは寂しいよね。

ちょうどログインしていたメンバーが数人いたので、声をかけてサロンに集まってもらった。


20160417_005.jpg


まりちゃんが、オーケストリオンの曲を「闘争」に変更する。

モードゥナで手に入るその楽譜。

題名から想像する旋律とはちょっと違う
物悲しいメロディがサロンに流れた。


そういえば、このサロンもメイちゃんが中心となって作ったエリアだったね。


20160417_007.jpg

沢山の人が集まっても、それぞれが顔を見ておしゃべりできるよう
至る所にメイちゃんの心遣いが表れている。

20160417_008.jpg


まりぷ「みんなでギルドオーダー。行こう!」

まりぷ~の提案で最後の戦闘に行くことになった。


20160417_006.jpg


メイちゃんのジョブは機工士。

いつもは魔法攻撃系のジョブを好んでやっていたように思えるメイちゃんに、昔

や「なんで機工士を始めたの?」

と聞いたら

メイ「敵の近くには行きたくないんだよ~。」

と、笑いながら答えてくれたのを思い出す。


ギルドオーダーなんて、あっという間の数分で終わってしまうコンテンツなのに
色々な思い出が甦っては消えていくその時間、やっくんにとっては少し長く感じた。


20160417_009.jpg


ほどなくして、戦闘が終了。


やっと8人PTで行けるようになったギルドオーダー。
それに初参加だったやっくんだったが、それがこんな形で挑戦する事になるとは・・・ね。


20160417_010.jpg

NPCに報告するメンバー達

20160417_011.jpg


またこうやって一緒に冒険にでられるのはいつになるんだろう。

1週間後くらいに、何事もなかったかのようにログインしてくれないかしら・・・。

本気でそう思う。


オーダーが終わり、家の前にワープする。

や「屋根に登ってみようよ!」


まだエレベーターを上ったことが無いメイちゃん。

チャットで誘導しながら家の屋根にみんなで登ることにした。



20160417_012.jpg


めずらしく快晴!


ここに家を建てるのも、メイちゃんを含む初期メンバーで決めた。

みんなで後ろの滝に感動しつつ地鎮祭をやった事がとても懐かしい。


メイ「そろそろ落ちる~。」


メイちゃんが家の中に入っていった。


メイ「コタツで寝るー。」

や「コタツかよ!」

そう思ったけど、思うようにつっこみチャットが打てない。

その後すぐに、小さく手を振ってログアウトしたメイちゃん。


20160417_013.jpg



メイちゃんが戻ってくる時までには、もっと沢山の仲間を集めてさ
そして、メイちゃんの大好きな酒でも用意してね
2Fのサロンでワイワイやれるような・・・

そんな楽しいコミュニティを作ってメイゾーの帰りを待っていよう。


20160417_014.jpg



そう思うやっくんなのでした。


20160417_015.jpg

20160417_016.jpg








 リセキ怖い!!!
2016年04月17日 (日) | 編集 |
まりぷ「ねえ、みんなヒマ~?」

シールロックのインターバル中なのか
まりぷ~がLSの皆に声をかける。


だる「どうしました?」

まりぷ「みんなでギルドオーダーやらない~?」

いずみ「は~い!」

れ「いきま~っす」

や「いきます~。」


との事で、ギルドオーダーに行くこととなった私たち。

まずは、まりぷ~の部屋に集合する。

20160417_002.jpg


だーれーをーえーらーぶーのーかーなーwww

集まったのは5人w

でもギルドオーダーにいけるのは4人

だる「さあ、選んでもらおうかw」

といって、突如現れたマメットカーソルがおかしいwww


20160417_001.jpg


や「そういう事なら、私夕飯まだなので先に行ってきて~!その間ご飯食べてきます!」


まりぷ「わかった~!」


てな事で、ひとまずやっくんは夕飯を食べてくる事に。

せっかくなので、まりぷ~の部屋の調理台の所に立ってリセキした。


20160417_003.jpg




いずみ「勝手になんか作ってるwwww」

そしてリアルでラーメンを作って食べるやっくん。

や「ふぃ~、うまい!」

ラーメンを堪能して満腹中枢がGJサインを出した頃、自室へと戻る。



や「ただい・・・・・・・・



!!!?111!!!???



おいおい、こっちの私は一体何つくってんだよwwwww


20160417_004.jpg



戻ると、そこには 『ダル入りラーメン(アラガン風味?)』 が出来上がっていましたとさ。orz





って、食えるかぁ!!!!!










 本日のカフェアート(カーバンクル)
2016年04月15日 (金) | 編集 |
今日は芸術家 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』 の誕生日ですにゃ!

という事で・・・・もないんだけど


やっくん、本日もカフェアートをして楽しんでま~す♪


201604160415_001.png


カーバンクルのミルクコーヒー。

今日はいつもよりもミルクを細か~くホイップしました!

飲むとき気をつけないと、おヒゲができますwwwww


最近は 『いろはす』 ばかり飲んでいて味覚がクリアーになったのかな?

とっても甘く感じますw


普通に描くイラストと違って、飲んだらなくなっちゃう。

当たり前なんだけど。


脆く儚いものこそ美しいともいいますし!


また何か描いたらアップしま~す!









 まてりあ装着屋「やっくん」のお話(後編)
2016年04月15日 (金) | 編集 |

まてりあ装着屋「やっくん」のお話(前編)からの続きです。


---------------------


や「IDとか、基本予習なしでワーワーやるのが好きなんですよね~。」

れ「予習なしで突っ込んで忙殺されます!」

お友達のミコッテ「そして踏破したらで、めちゃ良い思いでになりますからねw」

や「ただ、そんな感じで遊んでいると、なかなかCFとかって行きにくくなってしまって。未クリアID多いんですよね~。」

赤髪のアウラ「CF便利なんですけどね。」



マテリアの禁断が終わり、気付くと4人で雑談が始まっていた。


20160414_005.jpg





基本、戦闘をしているとゆっくりおしゃべりができないこのゲーム。
もちろん戦闘も楽しいのだけれど、こんな風に誰かと誰かが画面の向こうで繋がっていて
言葉のキャッチボールをしながら流れる時間というのが、やっくん的にはとても心地いい。

そこで、もし良かったら・・・という事でお願いをしてみた。



や「初見のID沢山あるのですが、もし良かったらお付き合いして頂けませんか?」



最近のCFは、予習当たり前で初見かどうかは関係なしに、ゴリ押しで進んでしまう事も多く・・・。

新しく追加されたばかりのIDとかなら、ワーキャーしてるのだけれど
今更、50IDに行った所でそんなワーキャーにはなかなか恵まれない。


すると



お友達のミコッテ「いきましょ~!」

赤髪のアウラ「初見さんの反応見るの、大好きなのでとても楽しみ・・・!w」

や「全滅したら、それはそれでもOKという事で。レイちん死ぬときはおもしろい感じでお願いね!」

お友達のミコッテ「犬神家みたいにお願いします!」

れ「そんなスキルありませ~ん!T▽T」



なんとまあ、アホな会話でしょう。

そしていつの間にやら、知り合って間もない4人の珍道中が始まる事となりました。



◆ストーンヴィジル(HARD)
・レイちん(盾)
・やっくん(DPS)
・赤髪のアウラ(DPS)
・菫髪のミコッテ(ヒーラー)


※お友達のミコッテさんは、面を取ったらとても可愛らしい薄紫の髪のサンシーカーでした♪


20160414_006.jpg


菫髪のミコッテ「敵の位置、わすれかけてますwクリアしているのに見覚えないですw」



行ったことあるはずのID。

だがしかし、ゴリ押しで進むとこういう事が多々ある。


ダンジョンもゆっくり見ずに進み、IDによっては途中にある「手記」なんかも
クリア後に余った時間で読みに行くといった事もめずらしくはない。


ダンジョンの背景や、出てくる敵にも意味がある中それは「とても損な遊び方」だと私は思う。



や「へんな名前~」


20160414_007.jpg


ゴリニチと名乗る、そのへんな生き物に言いたいことを言いまくる御一行。

(あなた、ゴリなの?)

(全然ゴリっぽくないんだけど?)

(ゴリ押しで進む・・・なんて言ってたから空気読んだの?)



やくんの脳内突っ込み。


ゴリ押しで突進してくるゴリニチに

てんやわんやの御一行。


赤髪のアウラ「スイングのスパン短くてびっくりしました!」


何とかWin!


そりゃね、盾もヒーラーも、会話を織り込んでの戦闘。
無駄にIDレベルが上がっているwwwww


道中、菫髪のミコッテが盾をほっぽらかして宝箱にまっしぐら!
なんてシーンもあり、マジでリアル笑いが止まらない。


れ「ちらっと川がみえたw」


/em 菫髪のミコッテ(ヒーラー)がレイちんに笑顔をみせる。

笑顔こええ!!!

だが面白い!!!!!


こんな遊び方、CFでは味わえない。


次のボスで、赤髪のアウラが「的あてゲーム」と言った大砲も

(なんとなく4方向→全員でやるのかな?)

と手探りで配置につき撃破する。

攻略目的ではなく、クエストを解くような感じで進めていくID



とうとう途中から

ストーンヴィジル→雪国→北海道→鮭とイクラの海鮮親子丼→メシテロ→ハラヘッタ


の話が繰り広げられ、私たちは一体何と戦っているのか?




そして、ラスボス。


20160414_008.jpg


れ「硬さ自慢そうなのがでてきた・・・」


赤髪のアウラ「モンハンです!」


ああ、私たちは美味しい海鮮丼と戦っていたわけではなかったのですね!
すっかり忘れていました!!!


途中から2体に分かれて猛攻撃に転じるラスボス!


もう、夜中の2時をまわろうとしているのに、やたらと硬い2体のモンスターと
空腹とを戦い抜く私たち!


そして、撃破!!!


だらしなく伸びきったボスに、ちょっと哀愁が漂っているように感じるのは
戦闘中に海鮮丼の話で盛り上がってしまった申し訳なさからだろうか・・・。


20160414_009.jpg


そして、宝箱を開けたと同時に

富良野に行ったら「くまげら」というお店がイイらしい。

という、超重要情報も手に入れた。




なんやかんや、ちょっと危ないシーンもあったが
楽しく激しく、ワチャワチャとストーンビジル(HARD)を攻略できたのがとても嬉しい。



こういう記憶が、私の中の「ゲームの面白さ」というカテゴリーに蓄積されていくのだと思う。


20160414_010.jpg



①マテリア装着請負屋をはじめる

②知らない冒険者と出会い、なぜか一緒に未クリアIDにいく

③恐ろしいモンスターと、深夜の海鮮丼に打ち勝つ



今北産業で言うならばこんな所だろうか。



IDが終わった後も、楽しさの余韻からなかなか解散ができずにいる私たちがいる。


だがしかし、もうホントにいい時間。
寂しいけれど、今日のエンディングは目前だ。



や「では、いつか北海道オフ会で!」

赤髪のアウラ「オフ会は 『マテリアはめ店』 で領収書を切って下さい!」

や「なっっっw」

れ「久しぶりに楽しいIDでした~!」

菫髪のミコッテ「寝てハラペコを忘れないと!」




CFだと味わえないこの面白さ。

ひょんな出会いから、こんなにも楽しい遊び方ができた事は本当に嬉しい事だと思う。

でも、それは自分たちが「楽しもう!」とする意思から生まれるものであり
それは案外、自分たちの身近にあるけど見えていないだけなのかもしれない。




や「では、解散しますよ~。」

れ「また遊んでくださ~い^^」

菫髪のミコッテ「また遊びましょ~!」

赤髪のアウラ「またの御機会に!」




マテリア装着依頼から生まれた、謎の友情。


そして、私の心のマテリア穴には
赤●菫色●のマテリアが禁断装着されたのでした。





まてりあ装着屋「やっくん」のお話(後編) 

終わり =^▽^=












 まてりあ装着屋「やっくん」のお話(前編)
2016年04月14日 (木) | 編集 |
それは1本のテルから始まった。

や「わーっと、ちょっとレイちんごめん!テルきた~。」

れ「ほいほい。」

夜空は快晴!満点の星空。
私たちは今、サンダーボルトを釣り上げるのに必死だ。

20160414_001.jpg


レイちんは、初めての釣り場。
やっくんは、レイちんに蒐集品の捕り方をレクチャーしている真っ最中だった。

「あの~マテリアをはめて頂きたいのですが・・・。」

こんな夜中に一体誰よ?ミンフィリアか???

とログを見て目を疑った。

あ・・・この人・・・!!!

や「れいちん、ゴメン!依頼が入った。」

れ「いいよ~。行っておいで~。」


とは言っても、サンダーボルトの釣れる時間帯も短い。
テルの主に「後5分だけ待ってもらえないか?」と伝え、残りの時間を消化する事とした。


wait・・・


「こんにちわ!」

20160414_002.jpg


可愛らしい赤髪のアウラがお辞儀をした。

やはりあなたでしたか・・・。

そう、彼女は私が開業してから初めて5禁断を3部位も申し込んできた兵だ。

パっと見た感じ、その可憐でおしとやかなエモーションからは
伺い知る事ができない熱き魂を持つ光の戦士だ。

や「今日はどのような感じで?」

「はい、時間も遅いので無理にとは言いません。禁断をお願いしたいのですが・・・。」


実はやっくん、最近実装された「マテリア装着請負中」のアイコンをつけて商売をしている。

アイコンだけだと、まだ知らない人も多いので
時間に余裕がある時はPT募集にて集客する事も多い。

すると、赤髪の彼女のとなりにいたもう1人のミコッテが初々しくお辞儀をした。

(ああ、お友達かな?)

まだ駆け出しと言った感じの装備のミコッテの女の子だ。

きっと二人で、この世界を楽しんでいる合間に依頼をしてきたのだろう。

レクチャー中のレイちんを置いてきてしまった事が気になって
早めに商売を切り上げようと思ったのだけれど・・・

折角テルしてきてくれた彼女と、その付き添いの友達を見ていたら
なぜかしら少し腰をおろしたくなってしまった・・・。


いま、やっくんはレイちんとは2人PT。ここに彼女を誘って商売をはじめる。
レイちんにも内容を見ていてもらった方が良い。なんとなくそう思った。


<PT構成>
・やっくん
・れいちん
・赤髪のアウラ


や「禁断ですね。1穴=5000Gになります。失敗した場合は以降つくまで無料で頑張らせて頂きます!」


赤髪のアウラ「よろしくお願いします!」


マテリア屋やっくんの相場はこうだ。

◆確定穴=1ヶ所/3,000G
◆禁断穴=1ヶ所/5,000G(失敗した場合は以降つくまで無料。)※1
◆装着ミス防止のため「マテリア装着依頼」機能にて「1回分」のご依頼金を付けて申請して頂く

※1、但し禁断がつかず、後日持ち越しになってしまった場合は、再依頼時に都度初回の5,000Gを頂く


装備のレベル帯だったり、不確定要素の高い禁断の注文だったり
相場はどれくらいなのかは全く分からない。
人によっては高くも安くも感じるだろう。
だがそこは考えても仕方が無い。私はNPCではないのだ。

ただ、商売するにあたりマテリア装着時、最低限気をつけている事はある。

●ステータスが+0といった間違った注文がきていないか。
●急かすと間違いが起こるので、きちんと確認して頂きゆっくり依頼してもらう。
●商売である事を自覚し、できるだけ相手に気を使わせない。


この3点だ。



特に、禁断は成功率80%と言えど付く付かないは未知数である。

この商売をしていると、よく耳にするこ言葉。


「フレに頼むと、失敗した時とか申し訳なくて・・・。
こちらは、気にしないでいいよ。って言うのだけれど・・・なかなかそうもいかないんですよね。」



そう!80%の成功率なのに、20回やっても全く付かないケースもあるのだ。

フレからの申請だと「タダでいいよ~。ボタンポチってするだけだし!」
ってなってしまう事が多い。でも、頑張れば頑張るほど、お互いが気を使ってしまう・・・。

これでは双方共に楽しくない。

実際、クラフター側は「ボタンポチ押し」するだけだが
全てのクラフターレベルをカンストさせるのに
膨大な時間とお金を注ぎ込んだのも事実。

だから、私はきちんと自分の職に誇りを持ってマテリア屋をやる事にしたのだ。


や「では早速」

赤髪のアウラ「よろしくお願いします。^^」

れ「やっくんのマテリアはめ店、ファイトォー!」

や「マテリアはめ店って・・・・・」

レイちんのネーミングセンスが相変わらずひどい。

シュキン!

依頼がくる。本日の禁断成功率は・・・29%


過去の事例が頭をよぎる。
本来なら1/4回でついて欲しい所ではあるが
実際、30回をこえても付かない事が多々ある。

超える禁断率を超えていかなければならない。

や「10回失敗したらよしだああああああ!って叫びますね!」

ああ、なんて便利な「よしだ」。
汎用性高すぎだろう、よしだ?


wait・・・


シュキーン!!

赤髪のアウラ「きた!」

やっくんが勢いよく両拳を振り上げる!


赤髪のアウラ「6回くらいでしたね!やっくんさんに頼むと、とてもよくはまりますw」

嬉しそうに喜びのエモーションをするアウラ。




や「・・・この前すごかったもんね!」



赤髪のアウラ「あ、覚えてらしたんですか!」



や「あれは、忘れられないですよ!^^」




そう、私は忘れていない。忘れるわけがない。
5禁断するために、どれだけのマテリアを用意してきたのか。
今、私たちのサーバは決してマテリアは安くない。
こんなに沢山集めるのは容易ではなかったはず。

あの時、5禁断を終えたあと


「木人で試し斬りしてきます!本当にありがとうございました!」



と、とても嬉しそうに去ってゆくアウラを見て、フレンド申請を断った自分に少し後悔したくらいだ。

この商売をしていると沢山の方からフレンド申請が飛んでくる。
だがしかし、それを全て認証していくと私のフレリストがパンクしてしまう・・・。
これだけは、毎度ながら心がチリチリとする。

もちろん、私の本心としてはその後の冒険談を聞きたい。
私がはめた武器防具でどんな戦いに挑んだのか

私は想像するしかないのだ。
なぜなら、私はギャザクラが専門職。
戦闘はからっきしで、冒険らしい冒険をほとんどしていないからだ。

マテリアをはめながら、依頼人の冒険談を聞くのはとても楽しい。

「また気が向いたら声かけてくださいな!装着依頼だしてなくても、時間が合えばいつでも請け負いますよ。^^」

だが、「また今度!」がくるかどうかは分からない。
私はあくまで後方支援者。

フレンド申請のボタンをそっとキャンセルしウィンドウを閉じたのである。


なので、今回また再依頼がきた事にとても驚いた。
私の名前、覚えていてくれたんだ・・・。そう思った。


赤髪のアウラのフレらしきミコッテが喜びのエモーションを飛ばしている。

私は、ミコッテをPTに誘った。

20160414_003.jpg


お友達のミコッテ「こんばんわ!」

や「こんばんわ。フレさんだったのですね。」

お友達のミコッテ「はい^^」


無事、禁断が終わり一息をつく。

や「レイちんもおいで~。禁断終わったよ~!可愛い女の子いるよ~!」

れ「ほ~い!」


リムサの八分儀広場。
晴れててとても気持ちがイイ。


20160414_004.jpg


レイちん・・・またそんな頭装備して・・・・。


以前に作ったライオンの頭装備がたいそうお気に入りのレイちん。

みんなから

「らいおん丸、らいおん丸~」

とか言われてご満悦のようだ。

元々は全く異なる分野で遊んできた4人。
いつも通りにプレイしていたら、この世界で交わる事などなかっただろう。


が、しかし・・・


よもや、こんな展開になろうとは・・・1時間前の私は全く想像していなかったわけで。



<つづく>








 サントラ発売記念!奏天のイシュガルドコンテストドキュメンタリー日記
2016年04月11日 (月) | 編集 |
今日で「サントラ発売記念!奏天のイシュガルドコンテスト」が〆切になりますね!

こんにちわ!やっくんです。

はじめはどうなることやらと思ってましたが、応募期間が延長された事により
沢山の応募作品が増えましたね!応募総数が全リージョンで180近いとか?
そっか!海外でもやってたもんね。

いやいや、みんな凄い♪

「やっくんは参加しないの?」

よく聞かれます。

何言ってるんですか!
言っちゃってるんですか!あなた!

私、エオルゼア音楽団長ですよ???

20160411_001.png

エントリーしないわけにいかないでしょう!

という事で、半ば強引にLS「Busters」にて有志を募集!!

リアララも巻き込んでの挑戦を致しました!

本日は、その時のドキュメンタリー日記になります。

お暇なら読んでみてね!



===撮影当日のこと===



午前10時にやっくん家にLSメンバーが集合した。

アコ「私、音楽の授業めっちゃ苦手だったんだけど・・・」

やくん「大丈夫!触れば音が出るヤツ、ナンカ考える!」

ダル「楽譜とかあるんすか?」

やくん「楽譜はある!(公式のが)あったら弾ける?」

だる「はい、無理ですwwwww」

なお「僕とレイは参加してもいいの・・・?」



そして、不安そうに顔を見合わせるメンバー達



FF14の曲はみんな大好き!
毎日毎日聞いているあの曲はみんなの生活の一部ともなっているわけで・・・

それを「素人の私達が演奏しちゃおう!」
というわけだから、全くもって無謀な挑戦ともいえよう。

やっくんが言う

「違う!違う!ぜんっぜん違うっ!!」

こいつはね・・・

「祭りだワッショイなんだよ!ナンカほら、みんなで楽しくワーってやりたいってやつ!」

「別に、うまくやろうとかプロと張り合おうとかそういうんじゃないんだ!」


今までに、うちら一緒に何かに挑戦した事があったかい?

そう。

うちら全員、エオルゼアではそれぞれ遊び方が全く異なる。

◆ダル(白)はレイド攻略に全てを注いでいる!
◆アコ(黒)はFCハウスの調度品設置で忙しい!(なんか昭和のラブホみたいになってる)
◆ナオくん(ナ)は、すご~く稀にソロでナイト上げにいそしんでいる。
→たまに弟のレイレイが採掘させられている

◆やっくん(詩)はひたすら魚を釣っている!

「盾 + DPS×2 + ヒーラー」

必要ロールが全て揃っているのに全く交わっていないwwww

交わる気配さえ感じられない。

それぞれが自由wwww

ふりいいいいだーーむな関係なのだ。

だからこそ!なんだよ!

「つべこべ言ってないで、やるつったらやるの!!やりたいの!」

何か一つの事をみんなで一緒に挑戦しようじゃないの!!

ゲーム内でできなかった事をリアルでやってみようじゃないの!!

「お、おぅ!」

という事で、一日かけて携帯での収録が始まった。

これが、数時間後にこんな形になろうとは・・・

この時、誰もが想像していなかったわけで・・・。





===数時間が経過===



「うーん・・・うまくいかない・・・・」

何度も何度もリテイクをする。

いいだしっぺのやっくんをはじめ、誰かが必ずミスをする。

「次、次こそは!間違えないようにやるからっ!!」

「あー、最後、最後だけそこちがううう!」

「あーほんとゴメンナサイ!マジゴメンナサイ!ほんとほんとゴメンナサイ!」

たかだか2分ちょっとの演奏。

だが、この緊張感がハンパない。

10時に集まってはじめたのに、もうすでに夕方の5時になろうとしている。

メンバーにも電車やら高速道路を使ってやら
遠くからわざわざ足を運んでもらっており、もちろん帰りの時間も心配だ。

LSの皆でやろう!その思惑が裏目にでてきてしまった。
リアララの宿題の事も気になる。

たかが2分・・・

もちろん、やり直しは簡単だ。
携帯の録画ボタンをポチっとすれば、また撮りなおす事ができる。

だけど・・・タイムリミットには勝てない。

刻一刻とタイムアウトが近付いてくる。
みんなも言葉には出さないが、それを感じている。

まるでレイドの大縄跳びのようだ。

緊張と溜息の繰り返しにみんなの表情もだんだん陰りが見えてきた。

「よし!分かった。もう時間も遅いです。次回にまわしましょう」

そう言いかけたやっくんだったが、私の口からでてきたのは

「これで最後!これでダメだったとしても今回のやつをアップする!!!」


ちょっとまて。
私は何を口走ったのか・・・。

自分で発しておいて、自分の耳を疑う。


だが、これを聞いて

みんなの表情が一変する。

これで最後。

たったの一日だったが、一回一回失敗するたびに
「次は頑張ろう!」と声をかけあってきた。

ヘタクソなりにも、相手の呼吸を感じ取ろうとする空気。

失敗を恐れずにパフォーマンスを続けるリアララ

出来ないわけがない・・・・・。

「分かった。やろう!」

「そうですね、やりましょう!」

この数時間、うちらは「音」を通じて会話してきたじゃないか!!

そして・・・・




演奏が終わり・・・静かな時間が流れる・・・。


いいだしっぺ、やっくんの言葉をみんなが待っている・・・。


「ハイカットー!!」

その声に一同が安堵の表情を見せる!

アシエンのお面をしているのを忘れて、ピースしまくるアコ
同じくアシエンのお面をしているのを忘れてニコニコと拍手をするダル
嬉しくて願掛け用のトンベリぬいぐるみをつつくナオ
わけもわからずパチパチとするレイレイ
「できたんじゃないの~?あs△dg◆kjへるこkは~@かんぺき~~~~~っ!★」

嬉しくて口のまわらないやくん。


そして、投稿用に仕上がった最後の動画を確認する全員。



「わはーっwwwwへっぽこ感ぱねぇwwww」

「これ本当に投稿するのお?」

「でも面白かったよ~~~!」

投稿?するする!
だって記念でしょ?参加する事に意義がある!

やって面白かったって思えるならそれだけで宝物だよ!!


そんなこんなで、無事エントリーする事ができました!


演奏は決してうまくないさ。プロじゃないんだもん。

けれど、この機会を通じてそれぞれが得たものがあるんじゃないかな?

協力してくれたみんな、ありがとう!



もちろん、エントリーされている方達はとても上手な演奏ばかりだ。もちろん、それぞれの想いを込めて参加しているのだと思う。是非、他の方の曲も聞いてみて欲しい。


サントラ発売記念!奏天のイシュガルドコンテスト応募作品

やっくんのエントリーはこちら


------------------------------------------

そんなLS「バスターズ」では新たにLSメンバーを募集しています。
こんな変な集団ではありますがw
もし、一緒に遊んでみたいな~という方がいらっしゃいましたら
ログインしているやっくんにテルしてみて下さいね!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。