【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 リンゴの記憶 (第一話)
2017年09月14日 (木) | 編集 |
20170915_001.png



「だーるーまーさーんーがーこーろーんーだ。」


見ててね・・・これは魔法なんだよ。


「だーるーまーさーんーがーこーろーんーだ。」


どんどん大きくなっていくよ。


「だーるーまーさーんーがーこ・・・」





遠い遠い記憶の中に、ぼんやりと浮かび上がるのは

茶箪笥を見上げている小さなやっくん。




届かないんだ・・・。

あれに触りたくて母に聞いた。





「あのリンゴ・・・触ってもいい?」

すると母はそっけなく




「うーん、また後でね。」

と答えた。





「わかった!またあとで!」






そして一週間が過ぎた頃









突然、そのリンゴは茶箪笥から消えた。








「お母さん、あのリンゴはどこにいっちゃったの?」



すると母は



「あ、あの赤いやつ?あれはね・・・・」






聞くと、母はリンゴを捨ててしまったのだという。




どうしても触りたかったあのリンゴ。


またあとでねって言ったのに・・・。







姫リンゴのいない古い茶箪笥がとても寂しかった。





-----------------


ファンフェスの会場でリリ助の「竜の目のキャンドル」を前に白昼夢を見ていた。



「やっくん、早く次に行かないと祖堅さんいなくなっちゃうよ~!」


一緒にいるフレに後ろから声をかけられ我に返る。


「あ、ごめんごめん!了解だよ~!」


20170915_002.png

解説しよう。
この「竜の目」とは、ファイナルファンタジー14の「蒼天のイシュガルド」のお話の中に出てくるキーアイテムである。
そして、FF14のお祭り「FF14ファンフェスティバル」の催しで行われた「ファンアートコンテスト」の一次審査を通過したフレンド「リリ助」の作品なのだ。


竜の目には過去を見せる力があるのかもしれないな。

(我ながら素晴らしい厨二病っぷりだ・・・。)


リリ助の作品をカメラにおさめ、私は苦笑しながら、開発コーナーへと向かった。







そして、ファンフェスも終わりだいぶ日が経ったある日の事、写真整理をしていたら、リリ助の竜の目の画像がでてきた。



(あ、懐かしいなw)



その時・・・またあの現象がおきる。


「だーるーまーさーんーがーこーろーんーだ。」


そうか・・・私の中にあるあの幼かった頃の記憶は、まだ消化されていないんだな。


(仕方ないな~w)


私は、竜の目によって引き出された記憶を紐解いていく事にした。






-----------------


幼きやっくんは、コップの中を不思議そうに覗き込んでいた。



「これはなあに?」



すると隣にいた母は、赤い水の入った別の容器を私の前に置いた。



「蝋燭を作るんだよ。赤いのが蝋ね。これが固まるといつも使っているような蝋燭になるの。」



「蝋燭?白じゃないの?」


「クレヨンを削って色を付けたから赤いんだよ。」


「クレヨンかー!すごいね~」



そして、母は芯になる白い糸を赤い蝋の入った容器にたらす。


そして


「だーるーまーさーんーがーこーろーんーだ。」


そう言ってから、水が入っているコップにその糸をつける。



「糸が赤くなった!!!」


やっくんは、驚きながら母を見上げる。



「見ててね・・・これは魔法なんだよ。」


「どんな魔法?」


「この赤いのがどんどん大きくなっていく魔法だよ。」


「すごいね~!」


「だーるーまーさーんーがーこーろーんーだ。」



何度も何度も呪文のように入ってくる「だるまさんがころんだ」を聞きながら
目の前の容器を行き来する赤い糸。

私は魔法にかかってしまったんだな。

眠くなってきて、実はそこからの記憶がない。






-----------------



「あ、起きたんだ。おはよう」

母はさやえんどうのスジとりに夢中だった。



「あれ?赤い蝋燭はどこにいったのかな?」



やっくんはキョロキョロと見回したが容器はない。糸もない。


「茶箪笥だよ。」


そして、茶箪笥に向かうと、やっくんの手の届かない高い棚の上に「姫リンゴ」のような小さな蝋燭ができあがっていた。



「リンゴだ!!!」


すごい。本当に魔法だったんだ!
だるまさんがころんでリンゴができたんだ!!



「リンゴじゃないよ~。ただの丸い蝋燭だよ~。」



母は自分で作ったものが、思ったほどの出来栄えではなかったようでそっけなく答えた。



でも、やっくんにはしっかりとリンゴに見えていたんだ。

とっても可愛い・・・欲しい・・・。



「あのリンゴ・・・触ってもいい?」



すると母は


「うーん、また後でね。」


という。



お母さんは「さやえんどうの魔法」にかかっているのかな。



「わかった!またあとで!」



きっと、あんなに上手に作ったリンゴだもの。
私が触って壊しちゃったら大変だよね!

大人しく触らせてもらえる日がくるのを待とう。




いつ触れるのかなぁ・・・とドキドキしながら茶箪笥に足を運ぶのが日課になった小さなやっくん。

今日かな?明日かな?




そして



一週間が過ぎた頃、そのリンゴは突然消えてしまった。




「お母さん!りんごがなくなっちゃったよ!!」

慌てて母の元に走り寄るやっくん。



「リンゴってなあに?リンゴなんて買ってないよ~。」


「ちがうよ!あのタンスに入ってたリンゴだよ!」



すると母は


「あ、ごめんね。なんかあまり良くできなかったから、もう捨てちゃったよ。」


「えー・・・・・・。そうなんだ・・・。」




「ごめんね。」


「うん。」



捨てるくらいだったら、私にくれても良かったのにな~。

だって本当に触りたかったんだもん。


その後、その姫リンゴのような赤い蝋燭が作られることは、永遠になかったんだ・・・。





-----------------


という懐かしい思い出話をリリ助に話した。

20170915_019.png

やっくんとリリ助は、主に「深夜組」と呼ばれるFF14勢w
遅い時間に特になにか活動するわけでもなく、ダラダラとチャットして遊んでいる事が多い。


元々リリ助とは「エオルゼアカフェコンテスト」で一緒に受賞した経緯があって仲良くなった。
たまたま同じアレキサンダーサーバーだった事も驚きだが、そんなFFイベントが終わった後の現在でも仲良くさせてもらっている。




「リリ助の竜の目って凄いな!いくつの時の記憶だろう・・・多分家にいるから幼稚園に行く前の話で3歳くらいの記憶だと思う。そんな思い出が急に蘇ったんだよ。笑っちゃうでしょ~。」


するとリリ助から意外な言葉が

「やっくん!それ作ろう!!!リンゴの蝋燭!!」



「え?」



「やっくんのお母さんみたいなのが出来るか分からないけど、私もちょっと作り方を考えてみる!」


「いやいや、母も元々リンゴとして作ったわけではなくて、結果的に私がリンゴに見えただけだから。すっごい歪でヘッポコな物だったと思うし。まあ、ただの昔話だよw」


「レシピができたら連絡する!やっくんは休みが合う時に私の所に来て!」


「お、おうw」



というわけで数日が経った休みの日に、やっくんは電車に揺られ都内へ出向く事となったのである。





-----------------



リンゴの記憶 (第二話)へ続く





















スポンサーサイト

 リンゴの記憶 (第二話)
2017年09月14日 (木) | 編集 |
と言う事で、リアルクラフターの話に入っていくんだな。

まだ読んでいない方はこちらから先に読んでね
  ↓
リンゴの記憶 (第一話)


それでは「リンゴの記憶(第二話)」です。
どうぞお楽しみ下さい。


--------------------

20170915_014.png



「やっくんどうぞ上がって~!」


「お邪魔しま・・・て、ちょっと待てリリ助!!」



クラシカルな上品な革のソファー。
所々に色とりどりの可愛い蝋燭が並んでいて、室内はFF14の曲が流れていた。
まるで蝋燭のおとぎの国に迷い込んだような気分だ。


20170915_018.png




「どういう事なの!?」


「エヘヘ~。」



多くは語らず、リリ助はよく冷えたお茶と、美味しそうなリンゴを丸ごと一個持ってきて、ゴトっとテーブルに置いた。




「リリ助~。いくら何でも、丸ごと一個のリンゴを茶菓子にするのは品がないって・・・」


「やっくん、触っていいよ?」



「え?」



よく見ると・・・


なっ?!
えっと、 コレ、リンゴじゃない?!!



20170915_003.png

いや、リンゴだけど!どう見てもリンゴだけれど!!!

びっくりして目の前に置かれたリンゴを手に取るやっくん。



ズシリとした重みが手に染み込んできた。

本物のリンゴと同じような感触。




(どう?触れたでしょw)




そんなドヤ顔を見せたリリ助は



「やっくんには今からコレを作ってもらいまーす!」


と言いながら、1枚の紙をやっくんの目の前に置いた。


「リリ助・・・。」




言葉に詰まるってのはこういう事を言うのか。



そこには細かく丁寧に書かれた

やっくん専用のリンゴの形をしたキャンドルのレシピ

が綴られていた。


20170915_004.png




バカヤロウコノヤロウ!
不覚にも涙が出そうになったじゃないか!



でも、そんな自分を見られるのは恥ずかしいので、お茶を一口頂いて誤魔化す。





「汚れるといけないからね。」


はいっ!っと手渡されたクラフターズエプロン。




(こ、これをやっくんが着けるのか!?)



「やっくん可愛いよ~!!」




有無を言わさず『ドキンちゃん』の絵柄のエプロンを着させられた。






20170915_020.png



感動も束の間、今度はなんか違う涙が出てきたよリリ助・・・。






-------------



「キャンドルを作るには、型を作って流し込んだり、やっくんのお母さんがやったような水で冷却しながら少しずつ大きくするものとか、とにかく色々な方法があるんだけれど、今回作るのはリンゴのキャンドルという事なので、手でこねこねしながら作るタイプのものを用意したよ!」



得意満面にキャンドルの説明をはじめるリリ助先生。



「へぇ~、そうなんだ~。色々あるんだなぁ~!」





20170915_005.png


「では最初に、元となるパラフィンワックスを溶かしていくね!」

「先生よろしくお願いします!」

「よろしくー!」



先生は、慣れた手つきでワックスの量を取り分け、やっくんに測りにかけるよう促す。
その後、必要量が鍋に入った所でワックスを加熱していった。


温度が重要なんだそうだ。


20170915_008.png

次にリンゴの色を出すために、赤色の着色剤をちょっと多めに溶かしていく。

20170915_009.png


今回作るのはアロマキャンドル。
好きな香りのアロマオイルを選んでいいと言われたので
「PRECIOUS LISS」という甘い上品な香りのするフレグランスを選んで投入した。


20170915_010.png

染色剤がしっかり溶けて馴染んだところで、火からおろしパラフィンを割り箸で手早くかき混ぜながら冷ましていく。
すると、だんだん冷えたところが硬化してポロポロとした塊になっていく。


20170915_011.png



「なんかイチゴのシャーベットみたいw」


だるまさんはころばないけど、この作り方もすごく楽しい作業だ。



ちなみに、リリ助先生はドキンちゃんの妹「コキンちゃん」のエプロンをつけている。


嘘泣きの名人らしい。





さて、いよいよ形成作業だ。

シャーベット状のパラフィンをラップを張った半球の容器に入れて包み込む。

ここからは直接手で触っての作業。



20170915_015.png




「あちwあちww」



イチゴのシャーベット似のそれは、シャーベットとは似つかないほどの熱を帯びている。



こいつを急いで丸い形に形成しなければならないわけだ。



時々汁が割れ目から漏れ出してラップの内側で硬化を繰り返す。



熱い!

熱いよっ!




丁度その時、タイタンの曲が流れてきた


20170915_016.png




空気読みすぎだろうw


リリ助先生は、ニコニコしながらその様子を見ている。


「いい曲が流れてきたね~。」


おまいは鬼か、タイタンかwww



やっくんがしばらく格闘していると


「この形成が、ある程度きちんとできていると綺麗なリンゴの形になるよ~。でも手早くやってね!」


とのアドバイスが!




「わ、分かった、頑張るw」



「まあ、結構適当な丸でも大丈夫なんだけどね。」



どっちだよ!!!!












そしてできあがったのは・・・














20170915_012.png

お世辞にもリンゴとは呼べない、なんとも歪な球体だった・・・・・・。








20170915_017.png















リンゴの記憶 (第三話)へ続く












 リンゴの記憶 (第三話)
2017年09月15日 (金) | 編集 |
FF14で遊ぶようになり、ひょんな事から不思議な力が発動!

これが、過去視・・・なのか・・・!?

竜の目の力に呼び覚まされた、幼きやっくんの記憶。
リアルクラフターの話に繋がる「リンゴの記憶」を連載中!
ノンフィクションでお送りしております!


--------------------


まだ読んでいない方はこちらから先に読んでね
  ↓
リンゴの記憶 (第一話)

リンゴの記憶 (第二話)


それでは「リンゴの記憶(第三話)」

どうぞお楽しみ下さい。


--------------------


20170915_021.png





「この形成が、ある程度きちんとできていると綺麗なリンゴの形になるよ~。でも手早くやってね!」


と、リリ助先生からのアドバイス。



「わ、分かった、頑張るw」



「まあ、結構適当な丸でも大丈夫なんだけどね。」



どっちだよ!!!!












そしてできあがったのは・・・














20170915_012.png

お世辞にもリンゴとは呼べない、なんとも歪な球体だった・・・・・・。








20170915_017.png




なんという事だ・・・・。



「適当な丸でも大丈夫」



という先生の言葉・・・



先生の完成品を見ながらの作業で




適当な丸




とは一体どの程度の丸なのか、想像もつかない・・・。








外側がほぼほぼ固まってきた事を確認したら、ラップを少しずつ剥がしていく。




ペリペリと剥がしていくラップの中には





20170915_013.png


なんか丸じゃないものが詰まっている。



「せ、先生・・・これ・・・・・・・」



不安感を煽るフォルムに、やっくんの顔が青色のシャーベットのようだ。




すると・・・






「ばっちりだよ~!上手~!」






リリ助の満足そうな笑みがそこにあった。







どこが!!!?







すると、リリ助は、余った赤いパラフィンを再度加熱。


そこに、やっくんの作った得体のしれない、もはや球体かどうかも怪しい

「物体X」を投入。

こいつをコロコロ転がしながらく再加熱した液体を付けていく。




もう、なにしてるかわかんない!www





すると、不思議な事に「物体X」は、自然に丸みを帯びて



実にリンゴのような球体が出来上がってきたのである!



これがエーテルの力なのか!!?



それを更に手で整え、くぼみをつけて長い串のようなもので中心に穴をあける。


・・・長い串のようなもの。


と書いたが、別に殺人事件に使われた凶器とかではない。


至って普通の竹串である。


そこに、蝋燭の芯を通すのだ。


図解するとこんな風。

20170915_023.png



ひとつだけ分かった事・・・それは



リリ助の言う「適当な丸」とは




「超絶適当な丸」

だったという事だ。



一体何がおきたのか、半ば放心状態のようなやっくんを置き去りに、次の工程へとすすめていくリリ助。



「この芯をもってね~。」



とぷん



コーティング用のパラフィンにリンゴをつける。


20170915_024.png




20170915_025.png
(手前がやっくんのリンゴで、奥がリリ助先生のリンゴ)



おおおおおおおおおおおおおおおおお!!



何が何だか分からないけど、リンゴができた!!!



最後、芯をリンゴの枝の長さに切り、そこに茶色に染色したパラフィンをつけて完成である。



20170915_026.png



この奇跡は、茶箪笥の上のリンゴを発見した、あの幼きやっくんと全く同じ感動を生んだ。


そう・・・



だるまさんがころんで「りんご」になったのだ!




「リリ助、相談があるんだけどいいかな?」


「なあに~?」




「これ、お母さんの所に持って行っていいかな?」


「昔の事だし、覚えているかどうかも分からないけれど、会って話がしたいんだ。」



「うん!もちろんいいよ~。お母さん思い出してくれるといいね~!」



そして、作ったリンゴを可愛くラッピング。


後日、長年遠方で離れて暮らしている母の元へと行く事にきめた。







リンゴの記憶 (最終話)につづく












 リンゴの記憶 (最終話)
2017年09月16日 (土) | 編集 |
ついにリンゴのキャンドルが完成した!

母の元へと足を運ぶリアルクラフターやっくん。
リアルクラフターの話に繋がる「リンゴの記憶」は、いよいよクライマックス!
ノンフィクションでお送りしております!


--------------------


まだ読んでいない方はこちらから先に読んでね
  ↓
リンゴの記憶 (第一話)

リンゴの記憶 (第二話)

リンゴの記憶 (第三話)

それでは「リンゴの記憶(最終話)」

どうぞお楽しみ下さい。


--------------------


20170915_028.png

長年1人暮らしをしている母の元までは、片道3時間。

「ちょっと今から帰るね~。」

っていうには腰が重い距離。

前回会ったのはいつだったろう・・・。



それよりも・・・・これな~。
覚えているだろうか。私自身、3歳くらい?の曖昧な記憶だが、もしかしたらそれだって怪しい。
まだカレンダーの見方も分からないような幼き頃の思い出。

内心ドキドキしながら実家へ帰った。


「おかえり~!」


母は得意の唐揚げを用意して待っていてくれた。

うちは、昔飲食店を経営しており、唐揚げは母の得意料理だ。
市販の唐揚げ粉は使わず、小麦粉を使い、ショウガやニンニクをすり下ろした醤油ベースの鳥の唐揚げである。

夜も遅くに到着したので、母は少しお酒を飲んで上機嫌だ。


最近の話から始まり、懐かしい学生の頃の話となったので、いよいよ思い切って切り出してみた。


「ねえ、お母さん。私が小さい頃、リンゴの蝋燭って作ったことある?」


「りんごの蝋燭?うーん・・・覚えてないな~。」


あっさり返されてしまった。

でもここで引き下がるわけにはいかない。



「じゃあ、だるまさんがころんだ。って言ったら?」



一瞬、母の顔が固まる。



「赤い蝋を溶かしてね、『だーるーまーさーんーがーこーろーんーだ!』って言いながら水につけるの。」



「やっくん、それ・・・・」



大きく見開いた母の目尻に、シワができた。


「う~ん、多分3歳くらいだったと思うんだけれど、お母さんがそう言いながら赤い蝋燭を作ってたのを覚えているんだ。そして、できた蝋燭は茶箪笥にしまってあってね、私はそれがとても欲しかったんだけれど、お母さん捨てちゃってさ~。実は、それがずっと欲しかったんだよね~。」



「覚えているよ。というより、今思い出したよ!驚いた。それ多分、まだ2歳くらいの時の話かもしれないよ。」



「当時、教育番組で蝋燭をつくるコーナーをやっていてね、ポン〇ッキだったかな~。「だるまさんがころんだ」って言いながら作るのを見て、ちょっと面白そうだな~って思ってね。仏壇のいらなくなった小さな蝋燭をおばあちゃんからもらってきて集めて作った記憶がある。あぁ・・・そうそう。赤い蝋燭ね。クレヨンを溶かして色付けしたやつ。あれはリンゴなんかじゃない。たまたまそんな形になっただけで、ただの赤い丸い蝋燭だった。」





思い出してくれた!!!!





「懐かしい」と喜ぶ母に、ほっと安心して紙袋を手渡す。




「これはなに?」


「あけてみて。」



そして、不思議そうに包装紙をあけた母は、リンゴのキャンドルを見た途端、心底驚いたような表情になった。



「どうしても、あのリンゴの蝋燭が欲しくてね~、友達に協力してもらって一から作ってみたんだ。それ、お母さんにあげるよ。」


やっくんがニヤニヤしながら母を見ていると、母は顔をおさえて台所に行ってしまった。


いや、泣いてるの丸わかりだからwwwww







「まったく、お前はなんて子なの!」


落ち着いて戻ってきた母は、困ったような嬉しいような複雑な顔をしていた。


「まさか、あんなに小さかった時の事を覚えていて、しかもこんなに上手なりんごの蝋燭を作って持ってくるだなんて。」



「いい匂いがするでしょ。アロマキャンドルって言って、仏壇の蝋燭よりはちょっとマシかもよ?」



母は、プっと笑ってリンゴのキャンドルを包んでしまった。




「えー、しまっちゃうのー?」



「ちがうよ。」


「あとで茶箪笥に飾るんだよ。」



「捨てないでよね~wwww」


「捨てませんw」



20170915_029.png






だーるーまーさーんーがーこーろーんーだ!



「リンゴの記憶 (最終話)」 おわり



--------------------

<あとがき>

最後まで読んでくれてありがとう。
今回、FF14のイベントに参加し、色々な偶然が重なり、フレの協力を得て最終的には母を喜ばせてあげる事ができました。
って書くと、だいぶざっくりで強引かもしれませんがw
リアルクラフトには、人を感動させる魔法がかかっているようですね。

今回、母はとっても喜んでくれましたが、たとえそれが上手に出来たものだろうが、そうでなかろうが、多分同じように感動してくれたんじゃないかな~って思います。
これからも、自分のスキルをさらに高めて、沢山の人に感動を伝えられたらいいですね♪
リアルクラフター万歳!

そして協力してくれたリリ助、Special Thanks!
ずっと良い友達でいてください♪

Yakkun Mercury