【FF14】相棒の猫と、また旅(マタタビ)をはじめました!めくるめく萌ゆる日常をゆるりゆるりと書いていきます。
 ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第1話:未知への扉 =
2016年12月27日 (火) | 編集 |
それは一年をかけた戦いだった・・・。


20161223_002.png



20161223_001.png

突然流れてきたFFXIV速報

【速報】
「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2016-2017」開催決定!
日本は、2016年12月24日/25日に東京ビッグサイト西3・4ホールで開催!


前触れもなく現れた公式ツィ。

来年のクリスマスに第二回ファンフェスが行われる!!

確か、たまたまキャンセルが出たとかで、ココしか空いていないビックサイトのスケジュールにあわせて、スクエニが即答でぶちこんだのだとか。


行けない・・・・・。

多分・・・・きっと・・・・。



だってクリスマスでしょ?
私一人だけファンフェスに行くって・・・どう考えても無謀すぎる。
リアルはどうする?



チケットよりも何よりも、まずはそこだった。

奏天を見てくれている人はお気付きかとは思うが、私には仲間がいる。
リアルで私をバックアップしてくれている光の仲間たちが・・・。




こいつらを置いて、私一人で楽しむなんて、、、できるわけがない。




本来だったら、光の戦士みんなで大集合して、いつものオフ会を開催しながら、家でストリーミング放送を見る!それが現実的ではないのか???



だが、私はどうしても行きたかった。
2014年のファンフェス・・・あの熱気・・・私はソロで突入したんだ。




それを・・・その熱かったあの会場に、今度はLSのみんなで参加したい!



そして何よりも、こんな素敵なゲームを作ってくれている運営に恩返しがしたい!!!



やる前から挫折するなんてやっくんらしくない!!
とにかく、私の持っているスキル全部ぶんまわしてでもファンフェス特攻を攻略してやる!!




まずは、LSに速報を伝える。
そして、とにかく行けるかもしれないというメンバーを確認、会場近くのホテルを検索。
クリスマスの予約はいつから可能かをチェックし、日付を忘れないように手帳へ赤字で書き込む。



そして、何をすれば私たちも運営も盛り上がるのかを考える。


衣装作りとファンアート!これだな!!!
そして、今後もできる限りのイベントに参加する!!!




やってやるぜ!



次の日から、衣装制作にむけてチマチマと準備をはじめた・・・。



20161223_004.png
手がすべってデザインカッターが足元に落ちて刺さる・・・。


20161223_003.png
動いてもパーツが壊れないよう微調整を続ける。


20161223_005.png
何度も失敗しては、修正を繰り返す・・・。


20161223_007.png
自分の武器、みんなの武器・・・。


20161223_008.png
とにかく作りまくって・・・・


20161223_006.png
作りまくって・・・・


そんな中、いよいよファンフェスのチケットについての案内がきた。


20161223_009.png


これを突破しない事には・・・。



ここは、ホントにみんなの想いと運だけで乗り切るしかなかった。




全員は無理かもしれない。


けれど、、、それでも、、、




20161223_010.png
2014年ファンフェス



行ける人だけでも、当たった人達だけでもファンフェスに行ってあの熱気を味わって欲しい!!!



メンバーを募ったとき、これは最初に承諾してもらっていた。


衣装も作る!ホテルも抑える!


けれど、、、行けなかった場合はゴメンナサイ!!
それでも協力してくれるのであれば私は全力で支援するから!!!

作った衣装で、みんなで笑えるような楽しいイベント
絶対に考えるから!!!


それに対してLSのみんなは


「いいよ。やっくん、分かってる。やっくんが熱いの分かるから!大丈夫!!」

「当ててやろうぜ!!!」



泣ける・・・。


行けないかもしれないけど、みんな知ってるから!って・・・。


私が先走って全員行けなかったとしても恨みっこなしで後押ししてくれた。
ヘンな話だが、ここにくるまで沢山お金もかかってしまっている。
けどね、そんなんじゃないんだってさ・・・。





その願いは・・・・



全員は取れなかったけれど、


脱出付き(2日券)ペアチケット
脱出無し(2日券)ペアチケット



という結果で返ってきた。


全員で4名分。


当選者を含め、LSにはヒカセンJr.が数名いたので、マックス8人まで行ける事となった。



「行ってこい!やっくん!画面の前で応援してるからな!」



仲間をおいて戦地へ赴く感情ってこんななのかな。


ホントはみんなで行きたかった・・・。
くやしい・・・。


けど、その思い無駄にはしない!


めいいっぱい暴れてくるから!
画面の前で待ってるお前らの分まで!!!
後悔するような参加の仕方は絶対にしない!!!




そして、私達は未知への扉を強引にこじあけた・・・。



私たちは、大人4名、ヒカセンジュニア3名での参加で戦場に向かう事となる。



ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第2話:戦闘準備 =







スポンサーサイト

 ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第2話:戦闘準備 =
2016年12月28日 (水) | 編集 |
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第1話:未知への扉 =

からの続きになります。

------------------

チケットF.A.T.E.をクリア後、着々と準備を進めるやくん。



だが、本当の戦いはここからだった。



20161223_014.png


「ヒカセンジュニア、ララフェル族の参加」


全員同じLSからの参加。
リアルもエオルゼアも含め、ずっと一緒にFF14を楽しんできた小さなララフェル族。


まずは意思の確認。
大人の都合でイヤイヤ付き合わせるのは絶対にNGだ!



「FF14のお祭りがあります。人がいっぱいいるし、沢山並んで疲れちゃうかもしれない。見たいものも、すぐに見れないかもしれない。もしかしたら、途中で抜けなくちゃいけなくなったりするかもしれない。それでも君たちは行きたいと思う?」


の質問にララフェル達は



「絶対に行きたい!」



即答だった。




今回のチケット販売において、FF14側は

「大人1人につき、お子様1名参加可能」

の案内を出していた。

20161223_015.png


年齢層の幅広いFF14のユーザー・・・。
ララフェルがいるプレイヤーは確実に増えてきている。
それでも、ゲームを続けていける、そんな素敵な未来をスクエニは考えているのだろうと、そう思う。


だが・・・


様々なイベントを経験しているやくんとしては、いくらララフェル族の参加がOKだったとしても、色々と予想されるハプニングが頭をよぎり、それに対応しきれるかどうか・・・がネックになっていた。



・人込みの中、何も見えなくて飽きてしまったら?
・整列中の突然のトイレは?
・お腹がすいても、すぐに食べられない可能性?
・疲れてしまってリタイアする場合は?




だが・・・ララフェル達の熱い気持ちも分かる。


実はこのララフェル達


①ソロプレイはNG
②必ずLSの大人達と一緒にPTを組む
③大人の前で、スカイプ通話で声が聞こえる状態にして、きちんとリアルでも対話ができる状況で遊ぶ
④宿題をしっかりやって、時間を守りながら遊ぶ(時間が来たらPCが強制終了される為、その前に落ちる)



など、ここには書ききれないほどの細かいお約束ごとをしっかり守り、温かいLSの大人たちとに見守られつつ、一緒にエオルゼアを旅してきた


本物の「小さき光の戦士」たちなのだ。


モーグリがみたい!チョコボも見たい!
エオルゼアの世界が見たい!!!




その思いは、私達大人と一緒、いやむしろ子供だからこそ、その思いは純粋でまっすぐなのだ。




---ミッション1:宿泊場所と休憩場所を確保せよ!-----


20161223_016.png


「12月23日から2泊3日、宿泊をお願いします。3日目ですが、駐車場の延長と出し入れは可能ですか?」


20161223_021.png


早朝の移動は困難であること、できるだけ体力を温存したい事を考え、会場から5分のホテルを前日の金曜から2泊3日を予約。
これなら、最悪途中でリタイアしても、ホテルで休憩を取り、元気になったらまた再入場すればよい。
また、駐車場も移動せずに置いておければ、最終日は車を避難所にできる。(clear)

20161223_022.png




---ミッション2:戦闘糧食を準備せよ!-----


次に考えられるのが、食事の取り方。

20161223_023.png


絶対といっていいほど、出張エオルゼアカフェは長蛇の列であろう。
また、突然の空腹などよくある話だ。


20161223_011.png

この中に、おにぎり、飲み物、小さいお菓子を沢山入れる。

「これはみんなの大切な食料だよ。ダンジョンに行く時とか、みんな食べ物もっていくよね?それと一緒!なくしたら大変だよ!」


そう言うと、ララフェル達は

「僕が持ってあげる~!!」

と、嬉しそうに戦闘糧食補給班に志願。

コロコロがついているから、持ち運びはそれほど大変ではない。
とはいえ、他にもたくさんの荷物がある現状、小さなヒカセンの協力は大変ありがたい。


「でも、みんながバラバラで行動する事も考えられるから、リュックにはかならず1食分ずつの食料を入れておいてね!
自分の分たべちゃったら、またここから出してリュックに補給すること!!
できる冒険者は、必ずお弁当の準備をしておくんだよ~!
ダンジョンに行ってごはん持ってきてない!よくあるよね!気を付けよう!」



「はーい!」


20161223_012.png


なんて素直なんだ・・・・。

これで荷物が減ったぞwwww

一応、小さいレジャーシートを1枚だけ忍ばせておく。
たとえどんな薄っぺらい小さなレジャーシートでも、それがあると人は必ずそこに座りたくなるものらしい。
80センチくらいしかないシートを置くと、3人のララフェルは何を言わずともそこ綺麗に並んで座る。(並ばないと座れないからw)
小さい光の戦士をまとめておきたい時は、このとても便利な謎現象を応用する。


あとは、車にちょっとした常備薬、着替え、カップラーメンなどをまとめておく。
使わなければ、そのまま持ち帰ればよいのだ。(clear)



あとは、現地で考えられるミッションを頭に入れておく。

---ミッション3:急なトイレ、デバフモード突入など-----
・まず余裕をもってトイレは行っておく
・並んでいる最中のトイレは、周りの人に声をかけておく
・必ず、大人1人につきララフェル1人を担当
・LINEなどで状況を把握できるようにしておく
・整列中、途中で騒ぐようであれば、2班に分かれて違うコーナーを回る
・最悪の場合は、ホテルに戻り休憩。元気になったら再チャレンジ!




---ミッション4:アイテム整理-----

20161223_016.png

・お金をケチらず、クロークを借りよう!!
・できるだけ両手をあけておくのが望ましい
・お土産がなくなる可能性があるので、みんなの名前入りバッチを用意!

20161223_013.png
こんな風につけておくと絶対に便利!百均でOK!





という事で、

すんごい荷物をチョコボ・キャリーに詰め込んだ。

20161223_017.png
すごく多いように見えるけど、半分以上は宿泊場所と車においておく荷物。





そしてフェスティバル前夜、宿泊場所に到着。
早めの食事、お風呂などをこなし、ララフェルは就寝。

大人連合はざっくりと明日の打ち合わせをし、0時に解散。




やくん・・・・。



あはは~、やっぱ寝れないよね。



20161223_018.png


ここに来るまでに、色々あった。ありすぎた。
書いてないけどさ、、、


夜のビックサイト前を一人で歩きながら、この一年を振り返る・・・。




このイベントが来るまでに、沢山の素敵な時間を作ってくれたFF14に恩返ししたくて。

とにかく「いつも楽しんでいるよ~!」って事を伝えたくて。

でも、やっぱただ遊んでいるだけじゃ声って届かないからさ。

コミュニティイベント、へっぽこでもなんでもいいからって、とにかく参加しまくって

すごく楽しいよ~って。



はじめは、その伝えたい気持ちだけで動いてきた事だったのに

いつの間にか、更に仲間が増えてて・・・。


20161223_024.png





エオルゼア新メニューコンテストで出会った素敵なフレ達

奏天のイシュガルドコンテストで繋がったフレ達

サーバーを超えて遊びに来てくれたり

手作りのお土産いっぱいもらったし、毎日私の携帯はいつでもFF14のフレのツィートで溢れている。



そして、今回も・・・


ファンフェスを少しでも盛り上げてあげたくて。


自分が楽しむ為というよりも、応援がしたくてね。


コスプレもそう。
こんな大人が、アホみたいに子供みたいな恰好してね。でも、それを見て笑ってくれる人がいる。


今年も応募してたファンアートコンテスト。


素人なんだよ。マイスターじゃないんだ。
自分で研究して、何度も何度も失敗して、どこかで習ったとかじゃなくて。
だから、作り方のノウハウなんて知らないから、手を痛めちゃったりしてね。

それでも、伝えたくて・・・。




そして、その中にあった私の中の挑戦・・・



ララフェルと一緒にファンフェスを楽しむという事。



いま、ゲームを楽しんでいる人たちの未来のマニュアルになれたらいいな~って。



そりゃね、難しい時期もあるかもしれないけど。
けど、MMOを10年以上やってきたやっくんが、引退することなくずっと遊んでいられるんだ。


沢山のフレに囲まれて、助けられ・・・


ネット社会である今、どうやって付き合っていくのかって、難しい課題かもしれない。
けど、知らないでそのまま大きくなってしまう方が怖い。
だって、絶対にこのインターネットという社会が逆戻りする事は考えにくいもの。


上手につきあっていくために、ララフェル族と一緒に考える。
そして一緒に楽しむ。


同じ趣味をもつ友として生きている。
不思議な感覚だけど、それも楽しい。


やくんの家には、毎月のように光のララフェル達がお泊りにきて、みんな一緒くたでオフ会を楽しんでいる。

ララフェル達も、お互いの目線でFF14を語り、楽しんでいる。




明日と明後日、さあどうなるんだろうね?


みんなが楽しく過ごせますように!!!


20161223_020.png


つづく↓
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第3話:私!ミッドコアクラフターです! =










 ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第3話:私!ミッドコアクラフターです! =
2017年01月03日 (火) | 編集 |
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第1話:未知への扉 =

ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第2話:戦闘準備 =

からの続きになります。

------------------

夜明け・・・。

ねれなかっぱー!!!

20161224_001.png


早朝。ホテルで朝食を食べてから一足先にやくんは会場へ向かう。


20161224_002.png


でっけぇ、でっけぇ、会場へ

でっけぇ、でっけぇ、希望を胸に!

でっけぇ、でっけぇ、荷物を引きつれ・・・・・


って、でけえですよ!!!



20161224_005.png



一般の行列ゴメンナサイ・・・。

ガラガラと朝っぱらから豪快な音を立てながら列に並ぶ。


すると


「あー!やっくんだー!」


誰ぞ!!!!我が本名を公衆の面前で叫ぶやつぁーw


だいぶ前の列からブンブンとでっかく手をふるヤツがいた。


まあ、君だよね・・・。うん、分かってたよピノさん。



しばらく整列したまま開場待ちしていると、ポツポツとフレが到着しはじめた。


「やっくんだ~!おはよう~!!今日は頑張ってね~!」

「あ、やっくんだー!寒くない?ホッカイロあげるよ!」

「やっくん!やっくん!」


おいwばかwやめろwww
我の名を呼ぶんじゃねぇぇえwww
まだだ!まだ今は仮の姿なんだよ!!!
化粧もしてねぇし、寝ずの貫徹からの参加なんだよ!!!


20161224_006.png


愛されしやっくんのHPは身内フレによってドンドン削られていくwwww


これはいかん!は、早く化けねば・・・。


その時、ホテル待機の仲間から、「プライマレナイズ無事合流」の連絡が入る。

おうwそっちは後からゆっくり来てくれな。


完全チケット制は大変ありがたい。
ララフェル軍団を引き連れての御一行は、開園30分前からの整列となる。


そして10時、いよいよ開場だ。


やくんはジョブチェンジするために別の部屋へ入場。
無事衣装替えが終わった。
大荷物はクロークへ預け、物販近くへ移動しながら基調講演を聞く。



ここらは、いろんなサイトのまとめがあるだろうから端折っていくが、やはり一番「うぉーっ」てなったのは赤魔の実装である。



よかったな!放浪猫。
メインジョブ来たじゃないか!!


襟をシュっとただして、投げたレイピアをうけとる様がもうおかしくてアホ可愛くてw


厨二病全開かよこのやろうwww



20161224_004.png


そしてお目当てのシルバーアクセをゲット!

一日限定50個しか販売されないこの銀盾は、あのイイ人が守ってくれた盾を忠実に再現されており、きちんと穴もあいている。
泣いたな~~~。あのシーン。



次にファンアートコンテストを見に行く。
やくんな、一次審査通ったって連絡来たんだよね~。

そして、フレの作品もたくさん通過した報告を聞いていたのでワクワクしながら移動~!

ほんと可愛い作品ばかりで、2年前のファンアートと比べると随分とクォリティが上がっているのが伺える。


【ファンアート作品一部紹介】

20161224_009.png
ほたぴんセンセーの作品

締め切り前夜に慌てて描いて送ったとは思えない!
チョコボに乗ったララフェルの天真爛漫な姿が愛らしい作品!笑顔がいいよね!



20161224_010.png
ケ様の作品

いつも楽しいケ様。我らがリリの助のFCリーダーで、イベントやるときなどコソッと絡んでくれる面白い人!
こんな楽しいアニ絵を描けるだなんてびっくり!ただのパンツの人じゃなかった!


20161224_013.png
あぱちょさんの作品

このキャラ数・・・やばくない?どんだけ描き込んでるのか。
仲間がいっぱい増えていく様が実にFF14らしい素晴らしい作品!


20161224_011.png
あぐ姉の作品

まあ、知る人ぞ知るアグリ姉さんの作品ですな!
モチーフ、アングル、えーっと・・・どうやって加工したの???相変わらずのアグリマジック!かっけぇの一言!



20161224_008.png
りりたんの作品

竜の目の蝋燭wwww何考えながらこれ作ったんだろうwwww
彼女の作品は、いつも予想の裏をいくんだよな~。今回はアート感を大切にした素晴らしい作品でした。


20161224_012.png
ぴのの作品

数の暴力だあああああ!よく作ったなwwwww
ソウルクリスタルを模したアクセサリー。実際エオルゼアの露店で売ってるのってこんな感じなのかなw



20161224_014.png
てぃーこの作品

クリスマスイベントなのだが、正月を狙った確信犯!
作品が被ることを見事に回避wwwこれ外人さんがスゲー見てたヨ!


20161224_007.png
きのぴの作品

革工作に最近はまりだしたリアフレの作品!
可愛いもの好き、マンドラちゃんが大好きの彼の作品には愛がこもっている!


とまあ、とりあえず自分の近くにいてくれてる仲良いフレの作品を並べてみました。
いやぁ・・・やばいw自分のまわりすごいわぁ・・・。
なんでこんなに入選してんのwwwww
自分もクラフター勢なので、こうやって皆の作品が通ると2倍も3倍も嬉しいですね!


そして今回、ここにアップされてない素晴らしい作品も沢山あります!
のちに、公式で全応募作品が並ぶと思うので、それを楽しみにまっていてください!

いや~、個人的にツボった作品ほんと沢山あって・・・。
そっちの発表も楽しみです。



そして、ご紹介は最後ですが私の作品はこちらでした。
20161224_015.png
やっくん作(蛮神グラス)

沢山の方からメッセージ頂きました!
そして、ファンアートコンテストでも入賞を頂いたようで。
ありがたいことです。

実は、このグラスは手彫りで彫っています。
これな~、1個彫りあげるのだけでもめっちゃ手が痛くなってしまって・・・。

無心に彫る→手が固まる→手を冷やす→マッサージする→無心に彫る

の繰り返しだったんですね~。
腱鞘炎になるんじゃないか!って、たぶんその一歩手前だったと思います。


せっかくなので、一つ一つご紹介していきます。

20161224_016.png
Shivaグラス

氷の巫女ということで、彼女に相応しいほっそりしたシャンパングラスに彫りました。
一番気にして彫ったのは、シヴァの象徴ともいえるドリルのような髪型。
普通に彫ると、渦巻感が薄れるので太さとバラツキを計算しながら彫り込みました。
躍動感のある布を表現するのがとても難しかったです。


20161224_017.png
Leviathanグラス

暗き深海に潜み、すべてを呑み込む恐るべき神。
ヒレの広がりと魚類特有の骨っぽさを存分に表現するために緩やかなカーブを描いた縦長のグラスに彫りあげました。
ヌラ~っと海から顔を出すリヴァ。グラスに水を注いで写真撮ればよかったな~って今更だけど後悔している一作。


20161224_018.png
Garuda神

これな!!!ほんっときつかった!!!
風切り羽根を一枚一枚グラデーションに彫りあげた渾身の作品!
遠目には分かりにくいと思うんだけど、グラスに柔らかい彫刻を施すのって難しいのよ!
ガリガリ彫るのは根気だけでいいんだけど、逆は持ち手の力の抜き加減で調整するのね。
ああ、そうそう。これ机に置いて彫っているわけではなくて、手で持ったまま彫ってます。
微調整するためには、どうしても空中での作業が必須なのです。
その点だけで言うとただのガラス板に彫る方が断然楽です。


20161224_019.png
Ifrit神

そして、そのガリガリと彫ったのがこちらイフリート。
とにかく荒々しいイメージを出したかったので、ひたすら彫り続けました。
筋肉質な肉感を大切にしつつも、硬く突き出る角や爪などの鋭利さきちんと表現できるよう、彫り方を変えて仕上げました。
黙々と彫り続ける自分の姿は、正直客観視したくないです。
はたから見たら、ただの気持ち悪い人だと思います。


20161224_020.png
女神Sophia

最後のこれ!!ほんとに最後に彫りあげた渾身の一作品!!!
とにかく何がやばかったのかというと、グラスの大きさですね。
比べてみると分かるように、一つだけ巨大じゃないですか・・・。
これを持ったまま彫るっていうのは、正気の沙汰ではないと思います。
実際、私の手はちっさい事と、カーブがきついこのグラス形状。

下を持つと、上が沈み、上を持つと下がぶれる・・・。
均衡を保つのがホント大変な作業でした。

(あれ?どっかで聞いたことのあるような・・・)

そして、乱れ髪の表裏が、彫っていてどっちが前でどっちが裏なのか、正直分からなくなってくるっていう。
でも、これ絶対に彫りあげたい!やっくんは、まだ見ていない蛮神シリーズなのですが、色々な情報をチェックしている中で挑戦してみたかったモチーフだったので・・・なんとか完成して幸せです。


あ・・・そうそう。
これやってた時ね・・・


もう少し・・・・あともう少しで終わる・・・。


美しい彼女の肢体を彫りあげていく中で、最後にパンツを彫って終わりにしよう。と決めていました。


が・・・・


やっくんやっちゃいました・・・。

送付してから気付いたのですが・・・ソフィアのパンツ彫り忘れてるやんかああああ!


そう、最後にやろうと思ってのこしておいたパンツの彫り(塗り)を忘れてそのまま送ってしまったのです。
スケスケのおパンツになってしまったソフィアさんごめんなさい。。。。。。


けど、いま思えば本当に楽しい作品作りでした。




最後に裏話ですが、実は土台も手作りでした!

20161224_021.png
グラスを一番美しく見せるために、不思議な板を貼り合わせてミリ単位で高さ調整する


20161224_022.png
不思議な台座を固定するための不思議な土台を作る


20161224_023.png
不思議な土台に不思議な台座を設置する


20161224_024.png
光を演出するための不思議な布を縫う


20161224_025.png
モードゥナに生えている変色したクリスタルの木を模したファンフェスお祝いプレートを添える


20161224_026.png
不思議な指示書と一緒に現物を送る。




とまあ、今回はですね

彫金、木工、裁縫ギルドの合作といった所でしょうか。

FF14愛だけで仕上げた、ミッドコアクラフターの作品でございました。

ほんと、どっかで習ったとかじゃなくてね、自分で研究して作ったのよ。プロじゃないのよ。



ということで、まだまだファンフェスは始まったばかり!!
長くなりそうなので本日はこのへんで!


↓つづく
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第4話:対談という名のCF (vs開発メン)










 ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第4話:対談という名のCF (vs開発メン) =
2017年01月04日 (水) | 編集 |
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第1話:未知への扉 =

ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第2話:戦闘準備 =

ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第3話:私!ミッドコアクラフターです! =



からの続きになります。

------------------




さあ、素敵なネックレスをゲットしたたやくん。

去年自作した雷上動を模した弓と矢筒をセッティングします。

ちなみに今回のジョブは詩人ミコッテ!

大好きなキリム装備+種族装備をあわせました。



20161225_002.png

20161225_001.png

これを装備し歩いていると、光のフレが次々と声かけてきてくれました。





「写真撮っていい~?」

は~い!いいですよ~!


20161225_003.png




と、キャッキャウフフしていたその時です。



「ちょっと!!!」


やべっ!GMか!!!!
ここで撮影してたら邪魔になっちゃうか!
もしくは、この武器危ないから振り回さないで下さい的なやつか!!


「すみません!ごめんなさい!もうしません!」


やっくん、慌てて移動しようとしたその時


「違う!違う!弓の構え方はこうです!!!」


えーっと・・・・


「私エモート班の者です。」


ぬおおお!GMじゃなかったああああ!!!


20161225_002.jpg


そして、いきなりレクチャーをうけるやくん。

「肘は水平に!!真っ直ぐ前を見て!」


「ハイ!こうですか!!!」


「そう!うまいぞっ!それっぽいぞ!」


まさかのエモート班のお兄さんに弓の構え方を叩き込まれるっていうね、なにこれ。


という事で、あーびっくりした。

スクエニ社員、毎日こんな事してんのかなw
おもしろいじゃないかwww

という、ちょっと社員の気持ちにリンクして楽しくなってしまったやくん。


調子にのって、そのまま交流コーナーへと向かう。

交流コーナーと言えば、毎回イベントの花であるFF14開発スタッフとリアルで対話できる素敵なコーナー!
うまく時間が合えば、コアメンバーともお話ができちゃうやつ!




おおぅ、なんだこれはすごい行列だ・・・。

交流コーナーというより、あれだ。


農大のウサギとかさわりまくれる

「ふれあいコーナー」とかそういうヤツだな!


とにかくアレコレお話したい一心で、行列に並ぶ。

が、なかなか前へ進まず・・・。



「いま話題のラーメン屋さん」みたいだな。



そして待つこと1時間。
やっと、やくんの番になった。




--------------------

=CF:第一戦目(vs権代光俊氏との対話)=


まずは、バトルプランナー権代光俊氏との対面!


対話の時間は、1分と制限時間が短い。

さあ、今こそ思っていた胸の内を聞いてもらおう!!




やくん「バトスシステムについてですが・・・」

権代氏「おおお!すごいですね!これ!自分で作ったんですか!?」

やくん「あ・・・ハイ!作りました!!
えっと、武器は一から全部!女性でも軽く持てるよう、軽量化してあります!」



ファーストアタック持ってかれましたorz






その後もすごいすごいと、始終ニコニコ。

二年前のファンフェスに参加してから、次のファンフェスがいつ行われるのか凄く楽しみにしていた事、前日から泊りで用意していた事など、予定とは違った話で終わってしまった。自分の事ばっか話してるやん・・・。
やくんだめだめじゃん。orz


そして一緒に記念撮影をして終了~。
つ、次は失敗しないんだからなっ!


20161225_003.jpg



--------------------


=CF:第二戦目(vs河本氏との対話)=



いつか聞きたい事があった・・・。
多分、ゲームユーザーは誰もしらないであろう河本氏の秘密。




やくん「河本さん、こんにちわ!本日は、どうしても河本さんにお聞きしたい事があってエオルゼアからやってきました!」

河本「はいはい、なんでしょう?」




私は河本さんが大好きだ。
最初のファンフェスの時、「元々自分はFF11を楽しくプレイしていた」という事と、「11から14に来るのを躊躇っていたほどだった」という事を伝えた時、一番喜んでくれていたのが河本さんだったからだ。

その時は、彼がプロマシアを作っていたというのを知らずに話していたやくん(大分失礼な話だが)だったのですが、「移動してきたけど、11も14もひっくるめて大好きなんだよ~。」という事を真向からドンと受け止めてもらえたみたいで。その時にとても気持ちが救われたのだ。

どこかにあったんだよね・・・。11をやめてしまった後ろめたさが。
楽しかった故に・・・。素敵な作品だった故に・・・。

サインはお世辞にも綺麗とは言えない筆跡だったけど(おいw)、今でも大切な宝物だ。




なので、今回は他の方が絶対に質問しない、河本さんの謎について質問してみることにした。




やくん「ちょっと前のイベントで「かいはつしつ」に入れるアレあったじゃないですか~。あれで河本さんとお会いしたんですけどね」

20161225_007.jpg
↑かいはつしつ。左でダレているのが河本氏。




河本氏「あ~、ありました!ありました!」

やくん「それでね、どうしても気になってしまった事があって・・・。」

河本「なんだろう・・・。」




スー・・・


やくん「なんで河本さんの机の周りにだけ、すっごい大量の酒瓶が並んでいたんですか!!!!おかしいです!そんなにお酒大好きなんですか!!いつも飲んでるんですか!!!それとも背景作る班にいじめられているんですか!」


20161225_009.jpg




やくん爆発した。





大好きな河本さんがいじめにあってるなんて考えたくない!!
やっくんのLBゲージは満タン!いつでも発射準備OKだぜ!!




河本氏「いや、ちょっと、まっwwwあれね!ちがう、あ、お酒は好きですよ。お酒は好きですけど、あんなに飲まないです!いや、大好きですけど!!じゃなくて、あれには理由があって。えーと、ボクねすっごい飲み物飲むんです。ペットボトルの。

で、作業机の上にいつもおいてあるんですけど、中途半端に飲むでしょ?で、まだ飲み終わってないのに、次の持ってきちゃったりしてね。で、片づけないからゴニョゴニョで・・・どんどん増えていってですね、僕の机の上すごいペットボトルでいっぱいで・・・それを表現したらああなっちゃったっていうアレです。」








20161225_008.jpg
ああなっちゃったアレ↑(右側の酒瓶)



いじめじゃなかった・・・・。




そうこうしている間に、1分が終了。
ふう・・・・熱い戦いだったぜ。河本さん、面白い裏話聞かせてくれてありがとう。
机はきれいにしようねっ。


20161225_010.jpg


--------------------



=CF:第三戦目(vsマイケル&HQ氏との対話)=


河本さんが終わった次のテーブルを見てびっくり!
いきなりコアメン2名夢の競演!!
てか、2名掛かりとは汚いさすが運営汚い!!!
もっとゆっくり話したいのにーーーーーっつ!



マイケル!凄いじゃないですか~!
シークレットライブ、カッコよかったですよ~~!


マイケル「ありがとう!また明日もやるんで、楽しみにしてて下さい」



やくん「そして、皆川さん!お願いがあるのですが聞いてもらえますか?」

HQ氏「はい、なんでしょう。^-^」




やくん「経験値の桁がヤバイです!あとどれくらい稼げばいいのかが視覚的に分かりにくいです!!!」


言った!!言ってやったぞ!!!


HQ氏「あぁ~、あれね~。そろそろヤバイんだよね~。」




やくん「実際、プレイしていてヒシヒシと感じるんですけど、クラフターでもなんでも納品とかすると、経験値ドバーンって入ってくるでしょ?
感覚的にすごく数が多すぎて、なんだか凄いのは分かるんですけど。リアルであまり何十万っていう数字を使わないので、次のレベルにあがるまでの数字に対してのモチベーションというか・・・。1000とか10000位ならまだ追えるんですけど。後ろに単位をつけるとかなんかで対応できませんか~?低レベルの頃の方が楽しかったんですよ~。わかりやすくて。」


HQ氏「バトル班とかとの兼ね合いにもなると思うんだけど、そろそろコンマくらいは必要だよね~。」




おおお!伝えたい事伝えられたーーーっ!
いちお、桁の多さについては認識していたあああああ!




やくん「答えて頂きありがとうございます!
では、やっくんからお二人に「おちんぎん」をあげましょう。
クエストやると貰えるアレです。今日は対話して頂きありがとうございました!」




そういって、おもむろに手に持っていた布袋から、1ギルを2人に渡す。



20161225_005.jpg

マイケル「あ、よく見るやつだ!」
HQ氏「わ~!今食べちゃおっ!」


20161225_006.jpg
子供のようにはしゃぐ、マイケルと皆川氏!!



やばいwwwずるいwwかわいいwwww



20161225_004.jpg

最後に記念撮影して、2人との対話が終了した。


--------------------


=CF:第五戦目(vs前廣氏との対話)=


やくん「FF14のシナリオ、どれも面白くて大好きです。」

前廣氏「ありがとうございます。というか、その装備ご自分で作られたんですか?」



やべーキター!またきたよ!これ最初のやつ!失敗したやつ!!



やくん「あ、はい。作りました!」

前廣氏「へ~、これって作るのにどれくらいかかるんです?」

やくん「あ、えっと弓本体は・・・確か3日くらいで、矢筒が2日くらいでしょうか・・・。」

前廣氏「そんなんでできちゃうんですか!?リアルクラフターですね!」

やくん「あ、ファンアートコンテストの作品も作らせて頂きました。今回、グラスなんですけど・・・なんか一次通ったみたいで。」

前廣氏「あ~~~~!見た見た!すっごいの!あれね~、よくできてるな~って思った!」



うん、もういいや。
そう思った。


やくん「実はこの弓、結構軽いんですよ。持ってみますか?」



前廣氏「いいんですか!?」




すると、突然はしゃぎだす前廣氏。

男の子みたいな顔をして、マイケル氏の背中を狙い撃ちするマネwwwww




20161225_011.jpg




前廣氏すっげえ楽しそうwwww




まるで子供がそのまま大人になってしまったような屈託ない笑顔に、武器持ってきてよかったな~って思うやくん。




ま、これはこれでいっか。
なんか聞きたい事とかいっぱいあったんだけど・・・。

開発の人が喜んでくれるのは、私としてもとっても嬉しい!

そして、前廣氏との対話が終了。



--------------------


=CF:第六戦目(vs祖堅氏との対話)=


やくん「あ~、こんにちわ~。」

祖堅氏「あ、どもw」




やくん「そうそう、ずっと言えてなくて。サウンドチームで竜の肉頼んでくださったみたいで、嬉しかったです。ありがとうございました。」




祖堅氏「みんな肉に飢えてるんだよw」



そう、やくんは2016年のエオルゼアカフェコンテストで「冒険者なら一度は食べてみたい竜の肉」というメニューを考案し、嬉しいことにエオルゼアカフェにて採用して頂いたという話がある。現在もメニューに並んでいるので、もし機会がある人は食べてみて欲しい。

20161225_012.jpg
冒険者なら一度は食べてみたい竜の肉(FF14エオルゼアカフェ秋葉原店)



やくん「DUALITY聞きましたよ。すごいですね!あんなに入ってるとは思いませんでした。」

祖堅氏「色々ごちゃごちゃやってるんだよね~www明日もいる?見てく?」




やくん「明日本番ですね!今日も楽しみですけど!最後の最後まで応援してるんで頑張って下さい!あと、いまサインもらってるTシャツと同じもの持ってきてるんで、忙しいときはソレ着てアピールしてくださいw」

祖堅氏「あ、これ?!ほんとに?!分かった!リセキマークつけてこっそり消えるわw」




といって、Tシャツを渡し、あと連れてきたプライマレナイズのちびっこたちと一緒に写真撮影してもらって対談が終了!



20161225_014.jpg




アシエンちゃん達からは、ソケン氏に筋肉痛に効く「謎の薬品」が手渡された。

20161225_016.jpg
なんかよくわからない成分で、痛いのが消えてしまう謎の薬品






20161225_013.jpg
祖堅氏との撮影ではしゃぐアシエンちゃん達。笑うwwww





いやぁ、初日に開発メンと対談できてよかった!
リップサービスかもしれないけど、対談でいっぱい構ってくれた運営メンバーにも大感謝です!



20161225_015.jpg


これからもガンガン盛り上げていこうと心に誓ったやっくんでした!


つづく↓
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第5話:脱出ゲーム











 ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第5話:脱出ゲーム =
2017年01月09日 (月) | 編集 |
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第1話:未知への扉 =

ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第2話:戦闘準備 =

ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第3話:私!ミッドコアクラフターです! =

ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 第4話:対談という名のCF (vs開発メン)


からの続きになります。


------------------


ピアノコンサートは凄かったです。

しっとりとしたピアノアレンジ・・・。

ホントはもうちょっと前で見たかった思いもあるのですが、そこはヒカセンジュニアを連れているわけで、後ろの方で座りながら、ファンフェス初日の余韻を楽しんでおりました。

ちなみに、小さきヒカセン2名は明日のファッションショーに備え一足先にホテルへと移動。
徒歩5分の所にホテル取っておいて大正解!でかいアシエンに連れられ、会場を後にした。



よく頑張ったね!疲れたよね。


一方、脱出付きをゲットしているやくんPTは、大急ぎで装備を脱ぎ捨てフレと合流!



ここな!めっちゃ忙しかった!!!!



顔についてるミコッテペイントが落ちねえのwwww

ガシガシぬぐい取ったけど、たぶんいろんな所ムラになってたかと思うがまあよし。

最後のイベント、滑り込みセーフ!

待たせたな!やきもきさせてゴメンナサイ!


会場ではFFXIV脱出ゲーム「クルザス四竜討滅戦」と書かれた怪しい黒塗りの謎の封書が手渡された。


20161225_019.png

20161225_018.png



まずはPTで自己紹介タイム。

とは言うものの、本来はランダムで編成されるはずのPTだったが、私達光の戦士はすでに身内で4人+ピカセンJrがいたので、そのまま固定PTで突入するする事となる。

20161225_017.png

20161225_0020.png
封書に入っていたSTORMBLOODのボールペンが何気にかっこいい。


時間がくると、ステージに脱出ゲーム専用のムービーが流され、よしP登場!

20161225_0021.png


ドラゴンを倒すための説明がはじまる。

20161225_0022.png


脱出ゲームとは、制限時間内に会場に張り巡らされた情報あつめたり、封書に入った情報を元に、答えを導き出す遊び。


私たちは会場を手分けしてヒントを見つけ出し、写真を撮ってキャンプ地へ戻り、問題を解いていく。

20161225_0024.png

HQひろし氏がコスプレしてクエストの門番をしている。


20161225_0027.png

タンク・DPS・ヒーラー、それぞれの問題のヒントが会場内に散らばっている。


20161225_0025.png

後から気付いたが、LINEなどで画像共有してみんなで送信すればよかったと反省・・・。


20161225_0026.png

とにかく解いて解いて解きまくる!


めっちゃ解くのが早いリーダーよもぎ!

ペンの速さが尋常じゃない。

なるほど、こうやって解いていくのね・・・。


一方やっくん・・・


「えーと・・・・しかくは正方形と台形と菱形と・・・」



まったく関係ない所でどんずまりwwwww


ぐわあああああ!わからんのじゃあああああ!


頭かかえながら、見当違いな方向で突っ走っていました。


しょうがないやん、猫だもん。。。



そして制限時間は1時間!


時間が経過していくにつれ、追加されていくヒントと共に、真っ黒に支配されていくエリア。


あと残り5分になりました。


結果、、、私たちは・・・





惜しくも、最後の問題までたどりついたものの、タイムアップとなってしまいました。;;



全滅シタンデスネ。ワタシタチ。。。

...凹o....o凹....o凹...凹o...


転がる屍・・・・。



しかも偽の回答も用意してあり、真の回答にたどり着けたのはおおよそ予想されていた10%程度だったという。

運営ずるっこい!!!


くやしい!くやしい!くやしい!



けど、こんな素敵なおまけ企画を用意してくれた運営には、クリアできなかったヒカセン達も拍手喝采だった!


20161225_0028.png





明日はラスト!
心残りがなきよう思いっきり楽しもう!!!


関係ないけど、もらったボールペンがもったいなくてゲーム中に使えなかったっていうね!

(↑絶対に後で怒られるやつw)


つづく↓
ファンフェスにかけた1匹の猫の物語 = 最終話:夢は叶えるためにあるんだぜ? =